青野:サイボウズには今、多様な働き方を可能にする人事制度が多くあります(詳しくは、こちらを、ご参照ください)。しかし、この中に、私が発案したものは、1つもありません。リーダーシップのあり方を変えてから、社員のみんなに「働きたい働き方ができなかったら、教えてください」「教えてくれたら、それが実現する仕組みを一緒につくっていきます」とお願いして、これらの制度をつくってきたのです。つまり「尋ねる」という姿勢に変えた。

 そこは大きな違いで、尋ねてつくるのでなければ、どんな制度をつくったところで、「青野さんったら、また思いつきで役に立たない人事制度をつくっちゃって」という話になる。

 だからやっぱり、リーダーの基本動作として「尋ねる」というのは、重要です。

「操作したい気持ち」があると、ろくなことはない

そういうリーダーシップの変化の中で、青野社長の中にいつしか、「社員をほめるのはよくない」という意識が芽生えた、ということでしょうか。

青野:そうですね。ほめるのはよくない……。

 私が、マネジメントのスタイルを変えたときの大きな学びは、「自分の考え方を押しつけると、ろくなことがない」でした。自分が大失敗して、自分の不完全さを思い知ったので、そんな自分が誰かを「操作しよう」という気持ちからやることに、ろくなことはないぞ、と。

 だから、何か「操作しよう」という気持ちが働いている言葉であれば、それはよくない。そんな気持ちが働く言葉として、ほめ言葉はよろしくない。そのように理性が働くようになったのだと思います。

 だからといって、そのような習性が抜けきったかというと、はなはだ怪しいのですが。

 さらに、今回、岸見先生に教えていただいた「相手がどう受け止めているか」というところには多分まだ意識がいっていないので、次の課題になるでしょう。

次ページ 「嫌われる勇気」が、悪用されている