在宅勤務だと仕事の効率が上がらない、人間関係でストレスをためない方法は、気分が落ち込んでしまったときはどうする――。 自律神経研究の第一人者で、ベストセラー『整える習慣』(日経ビジネス人文庫)の著者でもある小林弘幸順天堂大学教授が行ったオンラインセミナー(丸善ジュンク堂主催/聞き手:産業カウンセラー・イイダテツヤ氏)をもとに、ビジネスパーソンが抱える数々の悩み事の解決法を聞いた。

(前編から読む)

集中力を高めるコツは「時間を区切る」こと

「テレワーク疲れで出勤増」という調査結果がありました。在宅での仕事は、オフィスにいるときと比べて、仕事の効率が上がらないという声も聞きます。どうすればいいでしょうか。

小林弘幸氏(以下、小林):私は病院勤務なので、リモートワークはしていませんが、よくこうした相談をいただきます。対応策は、在宅勤務であっても、学校の授業と同じように、45分仕事をしたら15分休むという細かな区切りをつけることです。あらかじめ、何時に休んで、何時に昼食をとって、何時にお茶をしてその後に何をするかというように時間割を作って、オフィスでの勤務以上に計画を立てて仕事をしたほうがいいです。

 重要なのはリズムです。なんとなくリモートで仕事を始める。なんとなく続けて仕事をする。すると飽きてしまって、ダラダラすることも多い。これが悪循環です。

 リモートワークの長所は、誰にも邪魔されず、自分で仕事の時間を決めて進められることです。だからこそ、自分できちんと仕事の計画を立て、休憩も入れること。休憩時間では、例えばストレッチをやってみようとか、ヨガをやってみようとか、ちょっと体を動かす工夫をするといいでしょう。

自分なりに仕事の時間割を決めたとしても、在宅勤務だと、職場にいるときよりも気が散ってしまうという声も、耳に入ってきます。集中力を高めるにはどうすればいいでしょうか。

小林:時間を区切ることです。そもそも人間の集中力は90分しか続きません。どんなに調子がいいときでも、90分続けて仕事をすれば、効率は落ちていきます。まして在宅で仕事をしていたら、集中できる時間はもっと短くなると考えていいでしょう。

 極端な話、10分間集中してこれだけのことをやろうと決める。それができたら、その後は気を緩めてもいい。でも次の時間が来たら、また頑張るというように、時間を短くして集中することです。スポーツでも同じなんですが、サッカーでもラグビーでも、最後の残り10分となると、突然集中して一気に攻めるチームがありますね。

 どうしてもっと早くから攻めなかったんだと言いたいくらい、集中力が高まることがあります。これと一緒です。私は、受験生にも言っているのですが、とにかく10分間だけ集中して勉強する。ちょっと休む。また10分間勉強する。これを普段から繰り返しておくと、本番の残り10分となったときに強くなります。

 もちろん、集中できるときは1時間続けてやっていいんです。でも人間というのはそれができないときが必ずあります。例えば、低気圧が来ていて曇りや雨がちだとか、こんなときは長時間の集中はほぼ無理です。

「天候やコンディションによって『時間割』を変えることが重要です」<br/><br/><span class="fontBold">小林弘幸(こばやし・ひろゆき)氏<br/> 順天堂大学医学部教授</span><br>1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、数多くのプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。</a>
「天候やコンディションによって『時間割』を変えることが重要です」

小林弘幸(こばやし・ひろゆき)氏
順天堂大学医学部教授

1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、数多くのプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。
続きを読む 2/4 人の評価は口にしない

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。