全4002文字

 感染症は、人間の生きる世界をいかに変えてきたのか?

 歴史学者である、東北大学大学院経済学研究科の小田中直樹教授が、この問いに答えるのが、『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか ― 世界史のなかの病原体』だ。ポストコロナを予測する材料を世界史の中に探した。

 願わくば、本書を起点に、読者に「その先」を探求してもらいたい。そんな思いから、第一読者となっていただいたのが、研究開発型バイオベンチャー、ユーグレナ社の創業メンバーである鈴木健吾さん。感染症の歴史をたどるには、サイエンスの素養も求められる。医学と農学の両博士号を持つ鈴木さんに、科学者の視点から感染症の歴史を振り返ってもらった。

 前回も紹介したが、鈴木さんは、ユーグレナ社の出雲充社長と東京大学農学部の同窓生。学生時代、2人で出場した「大学生投資コンテスト」で圧勝。その際、ブラック・ショールズ理論を瞬時に理解して運用に活用し、「本物の天才がいた!」と、出雲社長を驚愕(きょうがく)させた。その後、研究者として「サイエンスを社会実装する」ことを目指し、出雲社長と起業する道を選び、現在は、研究開発担当の執行役員として経営に携わる傍ら、マレーシア工科大学の客員教授などを歴任し、グローバルに活躍する。

 そんな理系の“天才”にして、経営の最前線に立つ鈴木さんが考える、新型コロナウイルス感染症の「収束シナリオ」の仮説とは?

 大きく分けて、3つのパターンがあり得るという。

 「天然痘型」「風邪型」、そして「エイズ型」。 この中で現状、可能性が高いように見えるのは「エイズ型」。

 そう考えるのは、なぜか。

鈴木 健吾(すずき・けんご)
1979年生まれ。東京大学農学部生物システム工学専修卒、2005年8月、出雲充氏(現ユーグレナ社長)、福本拓元氏(現ユーグレナ執行役員・ヘルスケアカンパニー営業部担当)とともにユーグレナ創業、取締役研究開発部長就任。同年12月、世界初の微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。06年東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了。16年東京大学大学院農学博士学位取得。19年北里大学大学院医学博士学位取得。現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナおよびその他藻類のヘルスケア部門における利用に関する研究に携わる傍ら、ユーグレナ由来のバイオ燃料製造開発に向けた研究に挑む。19年よりマレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。

鈴木:小田中先生が書いた『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか』を読み終えて、「もう一度、一覧表を作りながら読み返したいな」と思いました。

 というのも、合計9つの感染症について、さまざまな軸から比較可能な形でまとめていますよね。

 例えば、病原体が何であるか。

 新型コロナウイルス感染症の病原体は「ウイルス」です。それに対して、結核は、結核菌という「細菌」が病原体であり、マラリアはマラリア原虫ですから、分類としては「原虫」。ペストは「細菌」で、天然痘は「ウイルス」……といった情報は、個別には知っていても、同じ土俵で見る機会はあまりないでしょう。しかし、この本を読むと、これらを「比較するとどうか」という観点で見直せます。

致死率、死亡率を一覧すれば

 他にも、歴史に残るパンデミック(感染爆発)について、死亡率(全住民に対する死亡者の比率)と致死率(感染症に対する死亡者の比率)、感染経路といった情報が、比較可能な形でそろっています。

 例えば、ペストの致死率は60%(腺ペスト)から、ほぼ100%(肺ペスト)とされ、幅はあるもののかなり高い。それと比べると、天然痘は大痘瘡(だいとうそう)という種類で2~3割で、致死率は低いように思える、といった具合です。

 これらの事実を一覧表にしてぱっと見るだけで、いろいろな発見があると思います。今回の新型コロナウイルス感染症について、歴史を踏まえて論じるいい材料になるでしょう。

鈴木さんには、例えば、どんな発見がありましたか。

鈴木:エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)の「その後」には、新型コロナウイルス感染症の今後を考えたとき、示唆があるように感じました。