全6122文字

 感染症は、人間の生きる世界をいかに変えてきたのか?

 歴史学者である、東北大学大学院経済学研究科の小田中直樹教授が、この問いに答えるのが、新刊『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか』だ。ポストコロナを予測する材料を世界史のなかに探し、分かりやすく整理して読者に提供することを目指した。

 願わくば、この本を起点に、読者に「その先」を探求してもらいたい――。そんな思いから、第一読者となっていただいたのが、研究開発型バイオベンチャー・ユーグレナ社の創業メンバーである鈴木健吾さん。

 感染症の歴史をたどるには、サイエンスの素養も求められる。医学と農学の両博士号を持つ鈴木さんに、科学者の視点から感染症の歴史を振り返ってもらった。

 本題に入る前に、鈴木さんとは、どんな人なのか。

 ユーグレナ社の出雲充社長とは、東京大学農学部の同窓生。学生時代、2人で出場した「大学生投資コンテスト」で圧勝。その際、ブラック・ショールズ理論を瞬時に理解して運用に活用し、「本物の天才がいた!」と、出雲社長を驚愕(きょうがく)させたエピソードで知られる。

 その後、研究者として「サイエンスを社会実装する」ことを目指し、出雲社長と起業する道を選んだ。現在は、研究開発担当の執行役員として、経営に携わる傍ら、マレーシア工科大学の客員教授などを歴任し、グローバルに活躍する。

 そんな理系の“天才”にして、経営の最前線に立つ鈴木さんが、「感染症の歴史」を振り返ると、どんな未来が見えてくるのか。

今回、感染症史の本を読んでいただきましたが、ご感想は?

鈴木:やはり新型コロナウイルス感染症と切り離して読むことはできませんよね。なので、新型コロナウイルス感染症に対する、私の雑感から始めてもいいでしょうか。

はい、もちろん。

鈴木:人間は未知のものには、恐怖を感じます。だから感染拡大が始まって間もない2月から3月、4月の上旬にかけては特に、誰もが深い不安に陥ったと思いますし、私自身、大きな恐怖を抱きました。

 では今、新型コロナウイルス感染症がどれくらい恐れるべきものなのかといえば、過剰に恐れてもいけないし、まったく恐れないということでもいけない。その意味で、ワクチンを開発するような研究者だけでなく、広く一般の人たちが、感染症のリテラシーを共有し、リテラシーを向上させる、ということが、重要になってくるのではないでしょうか。

 今、多くの人の頭のなかには「第2波が来るのではないか、今まさに来ているのではないか」という認識があるかもしれません。

新型コロナに「後遺症」はないのか?

鈴木 健吾(すずき・けんご)
1979年生まれ。東京大学農学部生物システム工学専修卒、2005年8月、出雲充氏(現ユーグレナ社長)、福本拓元氏(現ユーグレナ執行役員・ヘルスケアカンパニー営業部担当)とともにユーグレナ創業、取締役研究開発部長就任。同年12月、世界初の微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。06年東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了。16年東京大学大学院農学博士学位取得。19年北里大学大学院医学博士学位取得。現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナおよびその他藻類のヘルスケア部門における利用に関する研究に携わる傍ら、ユーグレナ由来のバイオ燃料製造開発に向けた研究に挑む。19年よりマレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。

 ただ、ほかにも注視すべきことはあって、例えば、すでに罹患(りかん)した方の「体内への残留」であるとか、「後遺症」みたいな部分です。なにしろ、罹患されてから1年以上たったと認識されている人、というのは、まだこの世の中に存在しないわけです。

 例えば、菌が喉を通って体に入ることである病気にかかり、肺に症状が出て、肺が陰ったとします。しかし、やがて、その陰りはなくなり、喉にあった菌も少なくなったとしましょう。しかし、このとき、消化器官などに菌や症状が残っている可能性もあります。もっといえば、消化器官の感染のほうが、肺の感染より長く残ってしまう、であるとか。

 私としては、このあたりはしっかり見ていきたいと考えています。

なるほど、罹患者の予後ですか。まったく思いつきませんでした。