全5864文字

 日経ビジネスの取材に対し、2019年時点で「2020年にもリーマン・ショックを超える経済危機が到来する」と予言していた世界的な投資家のジム・ロジャーズ氏。5月25日に日経BPから出版した新刊『危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来』では、大恐慌からブラックマンデー、リーマン・ショック、新型コロナウイルスまで歴史を振り返りつつ、繰り返される危機の本質とどのように行動すべきかを詳細に読み解いている。

 

 今回の記事ではロジャーズ氏と、世界的な投資家で世界最大級のヘッジファンドである米ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であるレイ・ダリオ氏の言葉から「歴史から未来を予測する」思考法に迫る。

 グローバルな新型コロナウイルスの感染拡大が続く「危機の時代」の中で、世界的な投資家たちは歴史から得られる教訓を投資にどう生かそうとしているのか。反響が大きかった前回の記事では、著名な投資家たちが1929年から始まった大恐慌とその後に起きたポピュリズムの台頭、第2次世界大戦に注目していることを紹介した。今回の記事ではジム・ロジャーズ氏とレイ・ダリオ氏の言葉から、歴史に学ぶことがなぜ投資に役立つのかを考えたい。

 最初に指摘したいのが、ロジャーズ氏とダリオ氏には共通点が多いことだ。共にヘッジファンドの創業者であり、「グローバル・マクロ」という運用手法を得意としてきた。グローバル・マクロとは世界各国の政治経済や金融市場のマクロ的な観点による分析に基づき、為替や商品、株式、債券などさまざまな金融商品を売り買いする手法を指す。

 ロジャーズ氏は米投資家のジョージ・ソロス氏と共同で1973年にクォンタム・ファンドを立ち上げ、10年で40倍以上のリターンを生んだことで知られている。

 その後、ロジャーズ氏はいったん引退して、世界中を旅行しながら投資を続ける「冒険投資家」になり、さらに米コロンビア大学のビジネススクールで教えたりした後に、2007年にシンガポールに移住。今でもグローバルに投資を続けている。

「コロナ・ショックの前から経済危機の兆しは見えていた」と語るジム・ロジャーズ氏 (写真:的野 弘路)

 一方のダリオ氏は1975年にブリッジウォーターを立ち上げ、最初はさまざまな失敗を経験するも、最小のリスクで最大のリターンを上げるための「アルファ・オーバーレイ」という投資アプローチを開発。実績を積んで顧客を拡大し、2020年4月時点で約1380億ドル(約15兆円)という巨額の運用資産を持つヘッジファンドに成長させている。

 注目すべきなのは2人とも金融危機の際の投資で実績を残していることだ。ロジャーズ氏もダリオ氏も1987年10月に起きた「ブラックマンデー」と呼ばれる世界的な株価暴落を予測して、大きな利益を上げた。