豊かな景気停滞期に培われたスゴさ

 メンバーシップ型のメリットを享受してきた古い世代と、地方で活躍するジョブ型志向の強い若い世代。この2つの志向に分かれる世代間には、育った経済環境と生活環境に大きな違いがあります。

 メンバーシップ型の世代が育った時代は、日本経済も生活環境もどんどん良くなっていきました。ジョブ型志向の世代は、生活環境はもう十分豊か、という時代に育ちましたが、経済は停滞していました。そのため大学を卒業しても就職氷河期に直面したり、非正規の仕事についたりしています。

 端的にいえば、高度経済成長やバブルを経験した私たちの世代は、家のトイレがくみ取り式から水洗に替わり、便器も和式から洋式になった生活の変化を経験しています。若い世代は生まれたときから、洋式トイレのある家に育っています。

 そうした豊かな時代に生まれ育った若い世代が、地方で、家業にイノベーションを起こしたり、伝統産業の価値を高めてビジネスを再生したり、社会課題を解決する事業を軌道に乗せたりしているのです。

なるほど、ジョブ型志向の若い世代と、メンバーシップ型志向の世代との違いを分析することでも、これから伸びる経営が見えてくるのかもしれませんね。次回は、地方で成功している若い経営者たちが実行しているという「六方よし経営」について具体的に教えてください。

藻谷:はい。

日経BPから『六方よし経営』を刊行しました!

日本を元気にする新しいビジネスのかたち。
「三方よし」+「作り手よし」「地球よし」「未来よし」=「六方よし」

人口減少で、地方から衰退しつつある日本、
その中で、新しいビジネスを立ち上げた人たちがいる。
地方で、イノベーションを起こしたり、伝統産業の価値を高めて、改めてビジネスに仕立てたり、社会課題を解決する事業を軌道に乗せたりしている。

そこには「六方よし経営」があった。
担い手の多くは、1980年代・90年代の若手だ。

起業家、新規事業に挑戦する経営者、I・Uターン志望者、必読の書。

主な内容
・「六方よし」に至る典型的なプロセス。越境学習→価値の発見…
・既存事業と地域を活性化している「六方よし経営」の事例6
・社会課題を解決している「六方よし経営」の事例4
・地域資源の価値を高めている「六方よし経営」の事例8

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。