となると、新型コロナの猛威が去った後、私たちの日常は元通りに戻っていくのでしょうか。

藤田:大地震などの経験を振り返っても、自分も含めて人間が忘れっぽいのは事実だと思います。

 一方で、ネットの歴史を振り返ると、一度、便利なものに触れてしまった人間は、元に戻れない側面もある。だから、オンライン会議という便利なツールも、一度、知ってしまった以上は、生活の一部になっていくでしょう。ただ、極端に振れるようなことはなくて、世の中というのは一気には変わらないものなのだと思う。特に「3密」みたいなものは、ワクチンができたら、すぐに忘れられてしまうのではないでしょうか。

髙田:そこも含めて、これからの社会がフルリモートからどこに戻っていくのかを、しっかり見極めたいと思っています。そのうえで、よいものはしっかり吸収したい。

 そのためには何より、社長の僕が、きちんとした指針を示すことが不可欠で、新型コロナで知った新しいやり方と、コロナ前のやり方のいいとこ取りをして、コロナ前よりいい場所に戻ろうと、社内で最近、よく話しています。

「効率的に働く成功事例」を数多く出していけるか

藤田:新型コロナの感染リスクもそうですが、リモートワークの賛否も、個々人の価値観で見解が大きく分かれる問題です。だからこそ、トップがバシッと基準を示さなければならない。新しい働き方について、久しぶりにブログを書いたのには、そんな狙いもありました。

 ある意味、この「コロナ期」は、髙田さんがずっと力を入れてきた「働き方改革」の総仕上げなのだと思います。

 髙田さんより上の世代は、僕ですら「寝ないで働いた」ことで勝った記憶が鮮明で、そんな強烈な成功体験を持つ人が今もこれまでも、日本経済の中心にいるわけです。ところが、今回、「寝ないで働く」なんてことをしなくても、経済は回ることが、図らずも明らかになってしまった。というか、僕のような人間ですら、その事実が分かってきて、大きな価値観の変化が起きた。これはもう、間違いないと思う。

 けれど、「猛烈に働く成功体験」は、日本人の多くが共有している半面、「効率的に働く成功体験」は、非常に乏しい。この「効率的に働く成功事例」を、いかに数多く出していけるか。

髙田:アフターコロナの時代に、よりよい社会をつくるための課題ですね。まだまだ若輩の経営者として、未来のため、力を入れて取り組みたいです。今日はありがとうございました。

ジャパネットの経営』を刊行しました

アフターコロナの新しい社会をつくる、
経営者、幹部、職場のリーダーの方々に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

◎ 売れない時代になぜ売れる?
◎ カリスマ創業者が去って成長を続けるのはなぜ?
◎ 「働き方改革の旗手」とされる理由とは?

創業者・髙田明の後を継ぎ、過去最高売上高更新中!

若き2代目社長・髙田旭人が、
「脱・カリスマのリーダーシップ」を、
61個のルールに分けてお伝えします。


共感の声、続々!

親父の感性、息子のロジック。
やるな、2代目。
――【サイバーエージェント社長・藤田晋氏】

働き方改革のフロントランナー!
――【ワーク・ライフバランス代表・小室淑恵氏】

リーダーシップは技術で、
誰にでも学べると気づかせてくれる本。
――【元陸上選手・為末大氏】

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。