考えていることがうまく言葉にできない。文章がうまく書けない。こういった悩みを抱える人は多いだろう。その悩みを解決するヒントになるのが、『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』と『「言葉にできる」は武器になる。』だ。今回は著者の藤吉豊氏と梅田悟司氏に、「言葉」について語っていただいた。第3回のテーマは、表現と想像力について。

第1回から読む
第2回から読む

「本当の1行目」は、全文書いてやっと見えるもの

梅田悟司氏(以下、梅田):僕の仕事は短い文章にまとめることが多いですが、藤吉さんのように長い文章を書く方が考える「言葉の持つ力」って何でしょうか。

藤吉豊氏(以下、藤吉):僕は主に、書籍のライティングに携わっているので、「本全体でストーリーを完結させていく」という考え方をしています。1冊の本によって、読み手の生活や行動に何らかの良い変化を与える。やっぱりこれが、文章や言葉の持つ力だと思います。そのために僕は文章を書いていると言ってもいいくらい、すごく意識していますね。でも一方で、その本の中に一文でも心に残るものがあればいいとも思っているんです。

梅田:本1冊書かれても、一文でいいんですか。

藤吉:全部を伝えたい、というのは書き手側の論理です。僕は、読んだ人が1つでも感じるところがあればその本には意味があると思っています。なので、「これはいい、共感できる」という一文をいかに増やしていくかを常に考えていますね。

梅田:それはとても興味深いです。

藤吉:梅田さんも『「言葉にできる」は武器になる。』など、ご自身で本を書かれていますよね。どういったスタンスで執筆されているのですか。

梅田:僕の場合、まずは、そのとき書きたいことをとにかく出し切るようにしています。1冊分、とにかく書きたいことを書く。そうやって文字に落とし込むことで「自分が言いたいことってこれだ!」という気づきが生まれるので、それまでの原稿をいったん全部ナシにして、ゼロからもう一度書きます。

<span class="fontBold">梅田悟司(うめだ・さとし)</span><br>コピーライター、ベンチャーキャピタルであるインクルージョン・ジャパン取締役。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。レコード会社を立ち上げた後、電通入社。国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や観光庁長官表彰などを受ける。CM総合研究所が選出するコピーライタートップ10に2014~18年と5年連続で選出。主な仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」、タウンワーク「バイトするならタウンワーク。」がある。その他、テレビドラマのコミュニケーション・ディレクターや、ベンチャー企業のコミュニケーション戦略立案などを行う。著書に『「言葉にできる」は武器になる。』『捨て猫に拾われた男』『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。』ほか
梅田悟司(うめだ・さとし)
コピーライター、ベンチャーキャピタルであるインクルージョン・ジャパン取締役。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。レコード会社を立ち上げた後、電通入社。国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や観光庁長官表彰などを受ける。CM総合研究所が選出するコピーライタートップ10に2014~18年と5年連続で選出。主な仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」、タウンワーク「バイトするならタウンワーク。」がある。その他、テレビドラマのコミュニケーション・ディレクターや、ベンチャー企業のコミュニケーション戦略立案などを行う。著書に『「言葉にできる」は武器になる。』『捨て猫に拾われた男』『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。』ほか

藤吉:すごい! 全部書き直すということですか!

梅田:はい。はっきり言えば苦行です(笑)。なので、第1稿と第2稿では全然違うものになります。その都度、全部読んであれこれアドバイスをくださる編集者には申し訳ない気持ちでいっぱいです……。

藤吉:1冊分となると10万字くらいになりますよね。書き直すことが分かっているのに10万字書くのは、ものすごく大変なのでは……。

梅田:僕の場合、「自分が言いたいことってこれだ!」というのが、1冊分を書き切ってやっと見えてくるんです。もちろん企画意図も目次も決めてから書き始めるんですよ。でも、書き切ってはじめて、「本当の1行目」が生まれるんです。

藤吉:確かに、1行目で文体も決まるし、どんな問いかけをするのかも決まりますよね。僕も1行目は大事にしていて、いつも本当に気を使います。

梅田:はい。ですから、「1行目から書かない」を、僕は大切にしています。広告のボディーコピーでも、つい物語的に何かを書きたくなるんですけど、それじゃあどうでもいいものしか出てこない。スタンスが全部1行目に表れるわけですから、考え抜いて、いよいよ最後に出てくるのが「最初の1行目」なんです。

藤吉:やっぱり、1行目は広告の世界でも大事なんですね。でも、この1行目の大事さは、僕もプロになるまで分かりませんでした。学校では「とにかく1行目に何か書けばいいから」と言われることもあるくらいで。

梅田:本当に。読書感想文なんて特にそうで、本を読んで「ふ~ん」くらいしか感じていないまま、とにかく1行目から書かされる。実はこれが、文章嫌いの人が多い一番の理由なんじゃないかと思います。

藤吉:確かにそうかもしれません。

梅田:単語でもいいし、言葉になっていなくても、ぐちゃぐちゃでも、同じことの繰り返しでもいい。頭に思ったことをまず書き散らしてみることが大事です。そこから自分の言いたいことが薄ぼんやりと見えてきます。それが僕にとっての第1稿というわけです。

藤吉:一度全部出し切って、何が大事かを自分で確認するために、まず書くと。

梅田:はい。僕は「自分が何を考えているのか、実は自分が一番分かっていない」という前提を持っています。僕は言葉の専門家といわれていますが、言葉と自分、言葉と社会に関して、多くを理解できているわけではありません。むしろ、知れば知るほど、分からなくなっているとも言えます(笑)。答えがあって書いているわけではなく、書くことによって答えがまた薄ぼんやり見えてくる。この繰り返しです。

藤吉:僕は『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』を執筆する際に100冊読みましたが、「とにかく書け」という著者もいれば、「まずちゃんと考えてから書け」という著者もいました。それぞれに理由があり、多分どちらが正解ということではなく、人によって変わるのでしょうね。

梅田:おっしゃる通りだと思います。考えることと書くことは区別されるものではなく、僕の中では完全に一体として捉えています。考えること=書くことです。そこを区別し過ぎると、書くことが難しくなるでしょう。

続きを読む 2/3 行き詰まったら、海に向かって「バカヤロー」と叫べ

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。