考えるとは、「思考の空白地帯」を埋めていくこと

梅田:コピーライターである僕が言うのも何なのですが、言葉そのものはそんなに大事じゃないと思っています。

藤吉:というと?

<span class="fontBold">梅田悟司(うめだ・さとし)</span><br>コピーライター、ベンチャーキャピタルであるインクルージョン・ジャパン取締役。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。レコード会社を立ち上げた後、電通入社。国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や観光庁長官表彰などを受ける。CM総合研究所が選出するコピーライタートップ10に2014~18年と5年連続で選出。主な仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」、タウンワーク「バイトするならタウンワーク。」がある。その他、テレビドラマのコミュニケーション・ディレクターや、ベンチャー企業のコミュニケーション戦略立案などを行う。著書に『「言葉にできる」は武器になる。』『捨て猫に拾われた男』『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。』ほか
梅田悟司(うめだ・さとし)
コピーライター、ベンチャーキャピタルであるインクルージョン・ジャパン取締役。1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科修了。レコード会社を立ち上げた後、電通入社。国内外の広告賞・マーケティング賞をはじめ、3度のグッドデザイン賞や観光庁長官表彰などを受ける。CM総合研究所が選出するコピーライタートップ10に2014~18年と5年連続で選出。主な仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」、タウンワーク「バイトするならタウンワーク。」がある。その他、テレビドラマのコミュニケーション・ディレクターや、ベンチャー企業のコミュニケーション戦略立案などを行う。著書に『「言葉にできる」は武器になる。』『捨て猫に拾われた男』『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。』ほか

梅田:言葉は、発信者の意図と、受信者の理解をつなぐものです。その間には、どんな言葉を使うか、どんな伝え方をするか、という変数が存在します。朴訥(ぼくとつ)とした心に染み入る話し方をする人もいるし、まくし立てるようにわーっと話して人を巻き込んでいく人もいます。

藤吉:はい。今の梅田さんのように、じっくりと言葉を重ねていくような話し方もありますね。

梅田:そこで気になっていることがあります。多くの人は発信しながらも、「相手に理解してもらおう」という意識に偏って、受信者がそのコミュニケーションの主役になってしまっているように僕は感じています。でも、コミュニケーションの目的という点で見れば、本当は、何かを発信しようとする自分が主役じゃないとおかしいですよね。

藤吉:「相手の理解」を求めるがゆえに、コミュニケーションの主役が、発信者でなく受信者になってしまっているということですか。

梅田:本当に必要なのは、自分の言いたいことを自分が明確に理解している状態になっていること。自分の頭の中を自分で明確に理解できてさえいれば、どんなに言葉が稚拙であったとしても、相手の理解を得られるだろうと僕は思っているんです。

藤吉:重要なのは、自分の中の「言葉にしたい事柄」をはっきりさせることだ、と。

梅田:はい。コミュニケーションの主役を自分に取り戻す作業と言ってもいいでしょう。僕は最近、ベンチャー支援を生業としているのですが、その企業が伝えたいメッセージをまとめたり、経営者の考えていることを言語化したりするときは、まさにそのプロセスをたどります。「あなたが考えていることは何?」を聞いて、考えられていない部分に思いを馳(は)せてもらう。その思考の過程をそのまま言語化していくのです。

藤吉:経営者が「何となくこういうことを伝えたい」と思っている内容をくみ取るだけでも難しいと思うのですが、「考えられていない部分」まで踏み込むにはどうすればいいのでしょう?

梅田:僕なりの方法があります。誰かの話を聞く前に、会話に出てくるであろう全体のマップを考えるようにしているんです。マップというのは「〇〇の事業をしているから、こういう話は出るだろう」とか「〇〇と△△の違いについてどう考えているんだろう」といった、全体像と言っていいかもしれません。

藤吉:それは仮説とは違うんですか。

梅田:仮説とは似て非なるものです。仮説だと検証したくなって、つい誘導的な質問や聞き方をしてしまいます。聞きたいことを聞こうとしてしまうんです。その結果、言語化すべき大切なことを話してもらえない危険性があります。

藤吉:確かに、仮説検証では自分の考えたことに沿って質問したくなってしまいますね。それで、マップを考えてどうするのですか?

梅田:話を聞きながら、「相手が何を話していないか」を探します。当初想定していたマップに色を塗っていくイメージです。すると、空白地帯が見えてきます。本来であれば、語られるべき話がまったく出てこない。そこさえ見つかれば、「この話が出てこないのは違和感があるんですけど、どうお考えですか」と聞けばいいだけです。

藤吉:マップの空白地帯を埋めていくんですね。そのときの相手の反応はどうですか?

梅田:文字通り、抜けていたピースがはまる感覚です。「考えていたつもりだったけど、言葉にできなかった理由はここにあったのか!」という気づきが生まれる。考え抜いている人ほど、その瞬間の腹に落ちる感覚は大きいですね。そして、そのプロセスが「考えていたことの解像度を上げる」ということで、言語化につながるものだと思っています。

次ページ 質問で相手の考えを深め、「言葉」を導く