コロナ禍が長引き、自律神経を乱す人が増えているという。私たちが恐れるべきは、新型コロナウイルスへの感染だけではなく、これまでと違った生活を強いられることで心身にダメージを負ってしまうこと。年を重ねると自律神経はどうなるか。自律神経の安定にお薦めの音楽は? モチベーションアップのためには何をすればいい? 順天堂大学医学部教授で、『整える習慣』(日経ビジネス人文庫)著者である、小林弘幸氏インタビュー後編。

前編から読む

自律神経は加齢で働きが鈍る

前回、感情の高ぶり、とりわけ怒りが大きく自律神経を乱すというお話を伺いました。年を取ると、喜怒哀楽の波が小さくなるということはありませんか。

小林弘幸氏(以下、小林):自律神経の働きは加齢とともに落ちていくことが、私たちの研究で分かっています。だから高齢者になればなるほど、感情のバランスが乱れやすくなります。周囲を見渡しても高齢で怒鳴っている人がいっぱいいますよね。

年齢を重ねて穏やかになる人はいませんか?

小林:どちらかに分かれます。感情のガソリンが切れてしまい、穏やかというのか、次第に無反応になるタイプの人。一方、ガソリンが切れることで感情のコントロールが難しくなり、怒りっぽくなるタイプの人です。

老化は避けられないことですが、そのためにも「整える習慣」を実践したほうがいいということですね。

小林:自律神経は、何もしなければ機能が下がってしまうので、食事や運動などによって上げる努力をしましょうと提案しています。また、生活のリズムが変わることも自律神経の大敵です。

 コロナ禍で基本の生活様式が変化せざるを得なくなった方も多いでしょう。私の例で言えば、生活リズムを再構築することで、自律神経と上手につき合うよう心掛けてきました。毎朝、4時半に起き、5時から1時間ほど散歩をして、6時には帰ってきて朝食をとるといった「新しい習慣」の実践です。

 加齢にしても、社会状況の変化にしても、無理に「今まで通り」を続けるのではなく、新しい習慣を自分でつくり対応する。そんな意識が重要です。

40代、50代になると、新しいことにチャレンジする気持ちがなえることもありますが……。

小林:自分に自信がなくなったり、体調不安も増えてきたりする年代ですよね。不安が増せば、自律神経が乱れ、実際に体調も優れなくなってきます。そんなときは、10年後の自分を想像してみてください。

 10年後のあなたは間違いなく「今のあなた」に戻りたいと思っています。当たり前ですが、どんなときでも「今の自分」が一番若いわけです。それなら、まさに今、チャレンジをすればいいですよね。今から始めて10年を過ごすのか、何もせず「あのときにやっておけばよかった」と10年後に振り返るのか。どちらがいいかは自明のことではないでしょうか。

「過去ではなく、新しい自分に目を向ける意識で」<br/><br/><span class="fontBold">小林弘幸(こばやし・ひろゆき)氏<br/> 順天堂大学医学部教授</span><br>1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、数多くのプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。</a>
「過去ではなく、新しい自分に目を向ける意識で」

小林弘幸(こばやし・ひろゆき)氏
順天堂大学医学部教授

1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、数多くのプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。
続きを読む 2/3 帰る前の片づけを儀式にする

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。