(写真:Claremont Graduate University/AP/アフロ)

 果たしてあなたは、組織の中で自信を持って、前向きに仕事に取り組めているだろうか。

 新年度を迎え昇進を果たしたが、売り上げ達成の責任に加え、部下の働きぶりを見る「管理職」の仕事は気が重い、という人もいるだろう。新しい上司と早くも反りが合わない、異動した部署の仕事が合っているのか不安だという人もいるかもしれない。

 では、どうすれば自信を持ち、前向きに日々の仕事にチャレンジしていくことができるのか。

新版 ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』の著者、藤田勝利氏は、企業など組織のマネジメントで大切なことは「まず人材を生かすことだ」と語る。
 藤田氏は「経営の神様」と称されたピーター・ドラッカー氏を迎えて1971年に設立されたドラッカー・スクールに留学。ドラッカー氏からも直接指導を受け「マネジメントとは人との関係を生産的なものにして、組織がその目標を達成するために誰もが知っておくべき教養だと学んだ」と言う。

 新入社員にも経営者にも、もちろんマネジャーにも重要な「本当のマネジメント」とは。改めて、注目を浴びるドラッカー氏の教えについて、藤田氏に聞いた。(第2回)

藤田 勝利(ふじた・かつとし)
住友商事、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)を経て、2004年米クレアモント大学院大学ピーター.F.ドラッカー伊藤雅俊経営大学院(通称ドラッカー・スクール)で経営学修士号取得(MBA、成績優秀者表彰)。生前のピーター・ドラッカー教授およびその思想を引き継ぐ教授陣よりマネジメント理論全般を学ぶ。専攻は経営戦略論とリーダーシップ論。
帰国後はIT系企業の執行役員としてマーケティングおよび事業開発責任者を歴任。現在は次世代経営リーダー育成、イノベーション・新事業創造に関する分野を中心に事業活動を展開。桃山学院大学ビジネスデザイン学部特任教授。米ボストン発祥のVenture Cafe Tokyo 戦略ディレクター。

ドラッカー氏が投げかける5つの問い

前回(部下を生かせない上司は「マネジメント」を誤解している)の「経営者自身を含めて、人を生かせ」というお話には、大きな反響がありました。最近、若手経営者やビジネスパーソンから、ドラッカー氏の理論についての講演を依頼されることが増えたそうですね。なぜ、今改めて、ドラッカー氏が注目されるのでしょうか?

藤田勝利氏(以下、藤田氏):時代を超えて、組織を動かすときに起こる課題は共通している、あるいは極めて類似性が高いということだと思います。実際、私は大企業だけでなくスタートアップ企業にも数多く関わりますし、自らも経営に携わっていますが、組織の規模にかかわらず、マネジメントで起きる問題の質は全く同じです。

 人が集まり10人、20人とある程度の規模になれば、必ずと言っていいほど「マネジメント」の課題に直面します。またそれは、企業であれ、自治体であれ、非営利組織であれ同様です。もちろん使われる用語や適用する方法論は業態によって違いはありますが、「どのように生産的な組織をつくるのか」という課題は共通であり、それに最も本質的な原則を示した思想家がピーター・ドラッカーという人でした。そのドラッカー教授はマネジメントに関して、著作の中でも多くの問いを投げかけているのですが、彼の問いがいずれも本質を突いているので、今日のスタートアップ企業でも、大企業でも、非営利組織でも、いかなる事業や組織の運営においても思考の土台として非常に役立つのです。

具体的には?

藤田氏:例えば、先ごろ、ある非営利組織の方たちとドラッカー教授の理論を参考にしながら講義やディスカッションをする場がありました。この組織では、イベントや広報活動を積極的に行い、誰もが業務で忙しいのに見合った成果が上がらず、閉塞感が漂っていました。

 こういったどの組織でも頻繁に起こる事業の行き詰まりを克服して成果を上げやすくするために、誰もが最初に参考にできるのがドラッカー教授のシンプルな5つの問いです。その問いとは、「私たちの事業(目的、使命)は何か?」「私たちの顧客は誰か?」「顧客が価値と感じるものは何か?」「何を成果とするか?」「どう計画するか?」というものです。世の中が自分たちに発しているニーズは何なのか、自分たちが喜ばせたい顧客は誰か、それが明確になれば、自分たちのミッションは何か、がよりクリアに見えてきます。逆に、その視点がないまま活動を続け、さまざまな施策を懸命に繰り出したとしても、組織としてのベクトルが定まらず空回りしていると感じてしまいます。

続きを読む 2/4 自らに問い続けることが大切

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。