史上初の女性天皇・推古天皇の御代を描いた歴史小説が相次いで刊行された。幅広い時代を網羅する伊東潤氏の『覇王の神殿 日本を造った男・蘇我馬子』(潮出版社)と新人・天津佳之氏の『和らぎの国 小説・推古天皇』(日本経済新聞出版)。歴史教科書的には、日本の国家体制は豪族・蘇我氏が滅ぼされた大化の改新から始まったとされるが、ふたりの作家は女帝の甥の摂政・聖徳太子(厩戸皇子)と外戚でもあった大臣・蘇我馬子が政治を主導した推古朝こそ、日本の国の成り立ちと口をそろえる。なぜ今、1400年前の推古朝なのか。第2回となる今回は、日本と朝鮮半島の関係、豪族・蘇我氏が果たした役割、そして日本の「和」という価値観について考えていく。

(前回はこちら

(写真:吉成大輔)
(写真:吉成大輔)

伊東潤氏(以下、伊東氏):大和から飛鳥時代にかけて、仏教と共に国家を成り立たせるために不可欠な要素が鉄でした。鉄が日本に入ってこなくなると、武器が作れなくなる。つまり侵略されても武器が不十分だと、対抗手段がなくなるわけです。今のウクライナと同じですね。日本が鉄を確保するために必要な国が、朝鮮半島南端にありました。

天津佳之氏(以下、天津氏):加羅ですね。

伊東氏:加羅諸国と提携し、日本は「任那」という国家を打ち立てたというのが以前の定説でした。ここで疑問なのが、「任那」は果たして国家としての体裁を整えていたかどうかです。僕は日本軍の駐屯地だったと解釈しています。日本から派遣された部隊が屯田兵のように自給自足しながら、鉄を確保して日本に送っていた。西隣の百済とも提携し、一朝事あるときは百済と加羅諸国に助力する。これは非常にうまいやり方です。恐らく馬子の父の稲目あたりが確立したものだと思います。

天津氏:国力を高める意味でも鉄は欠かせません。

伊東潤(いとう・じゅん)
1960年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と高校生直木賞、『峠越え』で中山義秀文学賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、『黒南風の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』で本屋が選ぶ時代小説大賞2011を受賞。著作は多数。最新刊は『威風堂々 幕末佐賀風雲録』(中央公論新社)。足利義政の正室、日野富子を描いた『天下を買った女』(KADOKAWA)の刊行が控えている。(写真:吉成大輔)
天津佳之(あまつ・よしゆき)
1979年静岡県伊東市出身。大正大学文学部卒業。書店員、編集プロダクションのライターを経て、業界新聞記者。2020年『利生の人 尊氏と正成』で日経小説大賞を受賞しデビュー。菅原道真を描いた『あるじなしとて(仮)』(PHP研究所)の刊行が控えている。(写真:吉成大輔)

国際感覚を持っていた豪族、蘇我氏

伊東氏:農耕具にも鉄は使えるので、鉄がふんだんに入ってくると、農業生産性も格段に上がります。

天津氏:僕はこの時代、鉄は国産できていたと考えています。三韓の方が産鉄量は断然多いのですが、ある程度自給できる状態だったのではないか。だから、「任那」に関しては『和らぎの国』では屯倉(みやけ)という言葉を使いましたが、日本と朝鮮半島との物資が行き来する基地にすぎなかったと考えています。

伊東氏:鉄の国産化は分かりませんが、その可能性はありますね。

天津氏:朝鮮半島諸国の史料によると、加羅は日本に近いですし、倭(わ)人に近い倭種という民族がそもそも多かった。日本人に血として近いところがあるので、人の往来や物資のやり取りは古来頻繁にあったのでしょう。だからといって、独立国家という形で朝鮮半島に飛び地を置いていたというのは、現実的に考えにくいです。

伊東氏:百済や加羅諸国からすると、隣り合っている新羅や高句麗の圧力に対抗するために、日本に軍隊の派遣を要請してきたことは十分に考えられますね。その条件として、少し土地を分けるか一時的に貸して駐屯してもらうというのは、実に合理的な発想だと思います。日本としても、鉄の供給が途絶えてしまっては困るので渡りに船でした。

天津氏:結局、日本と朝鮮半島の関係は、推古朝から200年以上前の神功皇后まで遡ります。伝説ではありますが、神功皇后の三韓征伐で、日本が新羅・百済・高句麗の三韓の盟主となりました。その後も「倭」の豪族が加羅に派遣されて土地の管理はやっていたという記述が朝鮮半島諸国の史料には残っています。神功皇后の時代に得た権益だけは守らねばというのが、日本にとっては譲ることのできない命題だったのでしょうね。

伊東氏:我々が思っている以上に、日本と朝鮮半島南部との関係は、歴史的に深かったのかもしれません。

天津氏:ここで蘇我氏の存在が重要な意味を持ってきます。彼らは百済の人たちと太い関係を築き、豪族としては例外的に国際感覚を持っていた。日本の国家の成り立ちという意味では、蘇我氏が特に外交面で果たした役割は大きいですね。

伊東氏:蘇我氏は葛城氏の一族という説が有力ですが。

天津氏:日本書紀をベースにすると、まず武内宿禰という人がいて、そこから出てきた豪族が葛城氏であり、蘇我氏です。神功皇后の三韓征伐を助けた人だからか、武内宿禰を祖とする豪族はすべて外交畑です。葛城氏であれば軍事侵攻をやり、蘇我氏は経済・財政を担った。外交の相手国も役割を分担していたと考えられます。だから『覇王の神殿』の帯に「日本史上屈指の“悪役”の実像に迫る」という惹句(じゃっく)がつけられていますが、僕からしてみると、蘇我馬子はそんなに悪役か? と思ってしまいます。

次ページ 野心や権力欲だけで人は動かせない