日本国内だけで毎年、10億着の洋服が新品のまま廃棄される──。売れ残り製品の大量廃棄はアパレル業界にとって当たり前の慣習だったが、サステナビリティー(持続可能性)が求められる現在、見直しが急務となっている。そんなアパレル業界が生み出す無駄に半世紀前から警鐘を鳴らし、製造現場のイノベーションで変えていこうと挑戦を続ける人物がいる。2021年3月、日本経済新聞の連載「私の履歴書」でも話題を呼んでいる島精機製作所の島正博会長だ。

 糸を縫い目のない立体的な服として編み上げ、製造段階でロスを出さないホールガーメント横編機をはじめ、数々の技術を開発した島会長は、“紀州のエジソン”と称される。ホールガーメント横編機はグッチやエルメスなど世界の高級ブランドに採用され、ユニクロ製品の製造現場でも活躍。その可能性に改めて注目が集まっている。島会長を長年取材し『アパレルに革命を起こした男』の執筆者でもある梶山寿子氏が島会長の果てない挑戦に迫る。(第3回)

前回はこちらから

その先見性と技術開発で“紀州のエジソン”と称される島正博・島精機製作所会長(写真=生田将人)

 島精機製作所の創業者、島正博会長と、米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏。

 2人の天才には、意外な接点があった。
 1979年、世界に3つしかなかった“あるもの”に目を付け、それぞれ購入していたのだ。その縁で、買い付けのためアメリカに派遣された島精機の社員が、ジョブズ氏の家に招待されたこともあったという。

CG開発の必要性を見越して買い付け

 “あるもの”とは、米航空宇宙局(NASA)が民間に払い下げたグラフィックボードである。1977年に打ち上げられた無人惑星探査機「ボイジャー」1号、2号が土星を撮影した信号を映像に変換するために使ったもの。お値段1500万円と、当時としてはなかなかの買い物である。

 編機メーカーが、大金をはたいて、なぜそんなものを? と、思うだろうか。
 だが、島会長の頭の中にはこんな構想があったのだ――来るべき多品種・少量生産の時代に備えるには、コンピューター制御横編機だけでなく、編機と連動するデザイン・ツール「デザインシステム」の開発が必要だ。画面上で商品のデザインをして、編機に入力するデータをつくり、指定した通りに正確に編み上げる。ニット製品の企画から生産に至る一連のプロセスをコンピューター化し、効率化しよう。

 この壮大な構想は、のちに販売までを含めた「トータルファッションシステム」として実現する。その核となるデザインシステムのハードウエアやコンピューター・グラフィックス(CG)の研究に、NASAのグラフィックボードを活用したのである。

 “島精機といえば編機”とのイメージが強いかもしれないが、実は、同社にとってデザインシステムはコンピューター横編機と並ぶ“車の両輪”。双方が連携してこそ、その真価を発揮する。また、テレビ局や自動車メーカーでCGシステムとして採用されるなど、デザインシステム単独の性能も高く評価されてきた。

島会長はコンピューター編機と連動するデザインやプログラミングのためのシステム「SDSシリーズ」も開発した(写真提供=島精機製作所)

 前回も紹介したように、現在、同社のデザインシステム「SDS-ONE APEX」シリーズには優れたバーチャル・シミュレーションの機能もある。
 驚くべきことに、こうした機能を組み込んで「バーチャルサンプル」として活用することを、島会長は70年代から考えていたらしい。だからこそ、NASAのグラフィックボードを是が非でも手に入れたかったのだ。

「社長はアホとちゃうか」と言われるくらいがいい

 実物のニットに代わるものだから、その色彩美や造形美を表現することは必須である。カシミヤの毛羽までリアルに再現できるような、超高精細・超高性能のコンピューターの開発を念頭に置いていたというのだが、当時を知る人なら、それがどれほどとっぴな発想であったかが分かるだろう。
 爆発的にヒットしたアーケードゲーム「スペースインベーダー」が登場したのが1978年である。CGと聞いてイメージするのは、ああいうシンプルな画像であり、それでも十分画期的だったのだ……。
 「あの時代に、高度なCGを使ったバーチャルサンプルみたいなものを考えている人は、ほかにおらんかったんと違いますか」と島会長は振り返る。

続きを読む 2/2 まるで写真のような編み物

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。