星野リゾートが「フラットな組織」を志向するのはなぜか。

 米国経営学界で多くの受賞歴を持つ国際派の経営学者、三橋平教授と早稲田大学商学部の学生(木戸口未希子、祝瑞馨、友江黎)が、バリュー・プロポジションの理論を使って分析する。

 提案型のビジネスモデルには、持続的なアイデア創出と「らしさ」の共有が求められる。

 このほど刊行された『星野リゾートの事件簿2』に基づくケーススタディー。

 星野リゾートの本質的な提供価値(Value proposition/バリュー・プロポジション)は何かを、前回は考えた。星野リゾートの提供価値は、「そこでしか味わえないエクスペリエンス」であり、提案型のビジネスモデルであるところに独自性がある。

旅行は楽しいが、計画には手間がかかる。旅先でのアクティビティーを提案することで、計画の負担を軽減することも星野リゾートが顧客に提供する価値であると前回、解説した

 例えば、都市型観光ホテルでは「ご近所ガイドOMOレンジャー」と呼ばれるスタッフが、地元の住人しか知らないようなディープな飲食店を案内する。あるいは、地方の旅館やホテルでは伝統工芸の制作や、クマを探索するトレッキングツアーなど、その土地ならではの時間の過ごし方や体験(エクスペリエンス)が、手軽に楽しめるようになっている。そのことが顧客満足度を高めるのはもちろん、旅先での過ごし方を計画するという「顧客のタスク」を軽減し、星野リゾートの価値を高めている。

 このような星野リゾートの提供価値は、同社の人や組織のマネジメントと深く結びついている。

続きを読む 2/4 提案を一度で終わらせてはダメ

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。