渋沢栄一は「近代日本資本主義の父」と呼ばれるが、実は経営者としてはダメだった、という評価も聞かれる。設立や経営に関与した企業の数は500にも上るが、実際に経営者として携わったのは2社。それもそのうち1社は潰しかけている。渋沢は経営者失格だったのか?

 今回は、この疑問に対して、『渋沢栄一と明治の起業家たちに学ぶ 危機突破力』の著者である歴史家・作家の加来耕三氏が、明確に答えてくれている。ここでは、「インフラ整備」の意味について再認識できると思う。

 前回は、渋沢栄一がなぜ「近代日本資本主義の父」と呼ばれるようになったのかを解説しているので、そちらもぜひご参考いただきたい。

(取材:田中淳一郎、山崎良兵 構成:原 武雄)

 渋沢栄一が大隈重信に引っ張られて新政府の役人となり、「公債」を使って得た資金を活用して廃藩置県を成し遂げつつあったとき、大蔵卿(現在の財務大臣以上の権限を有した)である大久保利通や政府首脳部の木戸孝允、岩倉具視などは日本から逃げ出していました。これが「岩倉使節団」です。

 廃藩置県に取り組んではみたものの、本当に成功するかどうか確信がなかったのです。大久保たちの本音は、日本に残してきた大隈たちに公債とやらを発行させて秩禄(ちつろく)処分の道筋をつけさせ、失敗したら西郷隆盛、政府残留組に責任を取らせればいい、と考えていたのです。

 大久保たちは1年半後に日本に帰ってきました。すると、廃藩置県がうまくいっていただけでなく、学制から四民平等、職業選択の自由まで、明治維新の理想を全部、渋沢らも活躍して実現していたというわけです。ちなみに30年償還とした公債は、税金の徴収で足りなければタバコに税金を課すなど、できる限りの手を使い、実際に30年で見事に償還することができています。

 渋沢栄一は西郷隆盛を尊敬していましたが、大久保利通とは反りが合いませんでした。大蔵省のナンバー2である大蔵大輔・井上馨とは仲が良かったのですが、その井上が、予算編成を巡って財政の健全化を主張したものの、留守政府の人々に受け入れられず、大蔵省を辞めました。すると、渋沢も「ご一緒します」と言って新政府を辞すのです。明治6年(1873年)5月、渋沢34歳のときのことです。

渋沢栄一は大隈重信に引っ張られ、明治新政府で手腕を発揮、維新の理想を実現する。その後、野に下って今度は近代産業の基礎をつくっていく。(画:中村麻美)
渋沢栄一は大隈重信に引っ張られ、明治新政府で手腕を発揮、維新の理想を実現する。その後、野に下って今度は近代産業の基礎をつくっていく。(画:中村麻美)

 野に下った渋沢は同年6月、自らが創設を指導した日本初の近代銀行、第一国立銀行(のちの第一銀行、現・みずほ銀行)の総監役となり、2年後の明治8年に頭取に就任します。明治6年には、日本初の洋紙製造会社・抄紙(しょうし)会社(のちの旧王子製紙、現・王子ホールディングス)も設立していました。

続きを読む 2/4 製紙事業や印刷事業は文明の源泉

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。