今、お酒をあえて「飲まない」選択をする人が増えている。こう指摘するのは、『ゲコノミクス』(日本経済新聞出版)を上梓(じょうし)した、「ひふみ投信」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人氏だ。そして、お酒を飲まない人と「国道16号線」は相性がいいと話すのは、『国道16号線 「日本」を創った道』(新潮社)の著者であり東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授の柳瀬博一氏。後編の今回は、国道16号線近辺で起こり得る、お酒を飲まない人向けのビジネスについて。

(前編から読む)

柳瀬博一氏(以下、柳瀬):お酒を飲まない人、そして国道16号線沿いの郊外に住む人の足は、自動車になる。そうなると、車で移動する新しい都市の形ができそうです。

 日本の都市、とりわけ首都圏と京阪神は、阪急や東急といった鉄道グループがものすごく優秀だったために、中心のターミナル駅から郊外に延びていく鉄道沿いの不動産開発で計画的に街ができています。つまり鉄道が主人公。一方、道路を主人公にした広域の都市開発ってあまりないんですよね。

 鉄道だと鉄道会社が不動産業態として一貫開発しますが、公共の資産である道路に関しては、鉄道に勝るとも劣らない重要な移動ネットワークなのに、鉄道沿線に比べて、計画的な都市開発が行われていなかった。16号線沿いを見ても、道路でつながった隣の街同士に一体感がなかったりする。そこがもったいないですが、逆に言えばこれから開拓の余地がある新しいマーケットがあるのでは。

藤野英人氏(以下、藤野):そう思います。少し前の日本経済新聞に、タイにある日本の百貨店が撤退したという記事が出ていました。

 この理由を、タイ在住の方がこう分析していました。今タイの百貨店は完全に「滞在型」になっているそうです。いわゆる日本のロードサイドにあるような、滞在して楽しむお店です。しかし、日本から進出した東急百貨店や伊勢丹は、効率的に買い物ができる造りになっている。それがタイ人の遊び方とマッチしていないのだと。僕もその通りだと思いました。

柳瀬:私はバンコクに親戚がいるので過去30年間、しばしばタイを訪れていたんですが、その変化をリアルに見ていました。タイは日本よりも先に、郊外型の広々としたショッピングモールが誕生し、都心の商業施設もモール型に変わりましたよね。

藤野:そうなんです。だから本当は東京の都心も、バンコクのように、郊外型のショッピングモールに近いものが必要になってきているのかもしれません。

柳瀬:16号線エリアだと、千葉県柏市の柏の葉キャンパス駅は、都心まで30分かからずに電車通勤できる一方で、郊外型生活が楽しめる。ららぽーとがあり、TSUTAYAがあり、飲食店も集積し、広い公園もある。利根川や手賀沼などの自然もすぐ近く。しかも東京大学柏キャンパスや千葉大学柏の葉キャンパスがあり、地元の高校の偏差値も上がっている、といいます。

藤野:住環境とエンターテインメントと教育環境がいいということで、あのあたりは穴場になっていますよね。

柳瀬:子育て世代に限らず、自動車で移動することを厭(いと)わなければ、つまり飲酒を前提としなければ、ショッピングモールはじめ郊外型商業施設やアミューズメント施設が充実したエリアは従来の都市部以上に暮らしやすそうです。これは僕が『国道16号線』を書くに当たり、16号線を何度も行き来して実感したことでもあります。

相模原・古淵は16号線の生んだショッピングモールの集積地。イトーヨーカドーとイオンが並び、ニトリも島忠も近所に。BOOKOFF発祥の地でもある。買い物はもっぱら自動車で(写真提供:柳瀬博一氏)

藤野:みんなが新しい働き方をするようになったことで、これまでお酒を飲むことが人生の中心にあった人たちも、さまざまな選択肢に気づき始めたと思います。下戸じゃなくても「飲まないこと」を選ぶ人が増え、彼らにとって郊外は良い選択肢になっているのでしょう。

柳瀬:電車で遠距離通勤する生活だと、仕事の帰りに駅前で飲んで、終電で帰ることが「遊び」でした。他に「遊び」の選択肢が少ないライフスタイルだったともいえます。

藤野:遊ぶことと飲みに行くことが、90%同義でしたからね。

「あえて『飲まない生き方』をする人にとって16号線エリアは良い選択肢」(藤野氏)

藤野英人(ふじの・ひでと)氏
レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者

1966年富山県生まれ。1990年早稲田大学法学部卒業。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。JPXアカデミーフェロー、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師。一般社団法人投資信託協会理事。著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『お金を話そう。』(弘文堂)、『投資レジェンドが教えるヤバい会社』(日経ビジネス人文庫)など多数。(写真提供:レオス・キャピタルワークス)
続きを読む 2/3 自動車とノンアルコール飲料のマーケットは成長する

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。