「知の巨人」と呼ばれる出口治明さんが、「教養としての地政学」を、分かりやすい言葉で説き起こすシリーズ連載。

 日本が軍事同盟を結べる国について、前々回、理論上は3つしかないと指摘した。それが、アメリカ、中国、欧州連合(EU)。さらに前回、現実的に考えれば、日本の選択肢はアメリカしかないと断じた。

 では、アメリカはこれからも、日本と同盟を結び続けてくれるのか。日本が置かれている「地政学的に恐ろしい現実」を直視しようと訴える。

 出口さんの新刊『教養としての「地政学」入門』の刊行を記念した企画。

 ところで日本にとっては、パートナーに選ぶべき相手国は事実上アメリカしか存在しないのですが、アメリカにとってはどうでしょうか。

 実はアメリカは、国土も広く石油の生産高も世界一で人口も増加しており、「アメリカ・ファースト」で十分生きていける、とても幸運な国なのです。さらに同盟候補国もたくさんあります。ひょっとすると、中国でさえ、その可能性があるのです。

 米中関係は、最近悪化の一途を辿っています。しかし、両国が親密な関係になっても不思議ではない理由がいくつかあります。

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画を設立し、代表取締役社長に就任。08年4月、生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険に社名を変更。12年に上場。社長、会長を10年務めた後、18年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。主な著書に『生命保険入門新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」Ⅰ・Ⅱ』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする本物の教養』『自分の 頭で考える日本の論点』(以上、幻冬舎新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)『人類5000年史Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義(古代篇、中世篇、戦国・江戸篇)』『世界史の10人』(以上、文藝春秋)などがある。
続きを読む 2/4 アメリカは日本に相談などしない

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。