異次元の金融緩和、膨れ上がる国債発行──。新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の問題が起こる前から、日本は深刻な財政問題を抱えてきた。だがコロナ禍の発生により、世界は財政出動を余儀なくされ、日本も国債の追加発行、株式の大量買い入れを実施した。ワクチン接種が始まり、コロナ禍に収束の希望が見える一方で、米国の長期金利は上昇。日本が抱えた財政危機は、今後、より深刻な問題となって国民に降り掛かる可能性が高い。

 かつてモルガン銀行勤務時代に「伝説のディーラー」として名をはせ、国会議員も務めた藤巻健史氏は最新刊『藤巻健史の資産運用大全』でも、財政破綻への備えを訴える。一方、通信社記者として金融業界を取材してきた作家の相場英雄氏も、最新刊『Exit イグジット』で金融政策の異常さを指摘し、財政破綻への危機意識を持つことが重要だと指摘する。

 金融業界を知り、同じ憂慮を抱く二人が、未曽有の危機、中央銀行としてのタブーに踏み込んだ日本銀行と金融政策、今日の財政危機が生まれた要因、今後考えられる日本のクラッシュ、さらに日本の金融が目指すべき形などについて語り合った。

 対談の第2回では、今日の深刻な財政状況に至った背景、日本の財政・金融政策に欠けていた視点について意見を交わす。

(第1回はこちらから

相場英雄氏(以下、相場氏):中央銀行による国債やETF(上場投資信託)の買い入れなど、日本では今、事実上、中央銀行による禁じ手である財政ファイナンスが行われている状況です。こうした状況に対して、国民の間で危機意識が共有されていない一方で、マーケットを知っている方はどんどん危機感を強めています。

藤巻健史氏(以下、藤巻氏):まさにそうだと思います。

相場英雄(あいば・ひでお)氏
1967年新潟県生まれ。89年に時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。2012年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。(写真=北山宏一)
藤巻健史(ふじまき・たけし)氏
一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行に入社。1980年、社費留学で米国ノースウエスタン大学大学院ケロッグ・スクールでMBAを取得。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、85年に米銀のモルガン銀行に転職。同行で資金為替部長、東京支店長などを歴任し、東京市場屈指のディーラーとして知られ、 JPモルガンの会長から「伝説のディーラー」と称された。2000年、モルガン銀行を退社後、世界的投資家ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めたほか、一橋大学経済学部、早稲田大学大学院商学研究科で講座を受け持った。日本金融学会所属。現在はフジマキ・ジャパン代表取締役。東洋学園大学理事。2013年から19年までは参院議員を務めた。(写真=北山宏一)

守られ過ぎて弱くなった日本の金融

相場氏:なぜマーケットの方の危機感が強いのかを考えると、マーケットの方は「信用」の重要性を認識しているからだと思います。今、日本の信用が問われていると思うのです。

 バブル崩壊の後、日本の銀行の不良債権が問題になった当時、「日本の銀行に貸し出す際には、ジャパンプレミアムを付けている」という、ある海外の金融機関の資金担当者に何度か取材しました。資金調達のマーケットでは相手の信用度によって異なる金利で貸し出します。財務体質の良い銀行はLIBOR(ライボー、ロンドン銀行間取引金利)で資金が調達できるけれど、そうでない銀行はLIBORプラス0.25%やLIBORプラス1%という金利になる、その構図はすごく分かりやすいものです。財務内容が悪いと高い金利を払わなくてはならないから、銀行は財務体質の改善、強化に努めます。

藤巻氏:信用度によって金利が違うのは金融の世界では当たり前のことです。しかし日本は長年、その当たり前から外れていました。私は1982-85年、ロンドンにいたのですが、その頃の日本はいわゆる護送船団方式で「銀行は1行たりとも潰さない」という方針でしたから、日本の銀行はどこもLIBOR、つまり最優遇レートで資金を調達できたのです。その結果、日本の銀行の体質はどんどん弱くなりました。

 本来、財務内容が悪い銀行があれば、資金調達ができないか、できたとしても非常に高い金利を払わねばならず、結局潰れてしまうわけです。しかし護送船団方式が続いた結果、「財務内容を改善しなくても最優遇金利で資金調達ができる。財務改善は要らぬ努力。後ろには国がいる」という意識がどこかに芽生えてしまったと思います。これを資本主義とは呼べません。大きな政府、社会主義的な考え方です。

相場氏:それと併せて、国が銀行を守ろうとした結果、最も重要な「信用」をゆがめてしまったのではないでしょうか。銀行間の資金融通も国債のディーリングも、基本は、相手をどこまで信用するか、にかかっているはずです。

藤巻氏:そうです。信用に基づいてリスクを判断し、取引を進めるのですが、その前提が崩れています。結果的に銀行の競争力をそぎ、日本の金融を弱めてしまいました。

続きを読む 2/3 「信認」の大切さを説いたセントラルバンカーの言葉

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。