日経ビジネス電子版の人気連載に大幅加筆、編集した『データから真実を読み解くスキル』を著した、松本健太郎さん。

 本業はデーサイエンティスト。といっても、文系出身で、営業職に挫折してプログラマーに転身した後、大学院で学び直して、データサイエンスの世界に入った。

 幼少期にDV(ドメスティック・バイオレンス)と貧困を経験し、「貧しさから抜け出すには勉強するしかない」と、母に言われて育った。そんな実体験が「エンゲル係数」や「貧困率」のデータ分析に、どうつながっているのか。

(聞き手は日経ビジネス)

実は、松本さんの連載「データから“真実”を読み解くスキル」を読んでいて、突っ込んでいい話なのかどうかとためらいながらも、尋ねたいことがあります。

松本:どうぞ、どうぞ。今日は何でも聞いて下さい。

連載でエンゲル係数について取り上げた「不思議な動きをするエンゲル係数 今後も生活水準の指標たり得るか」に、このような記述がありました。

 家計調査によると、2018年1月~19年11月にかけての「ひとり親と未婚の子ども」世帯の世帯人員は平均2.38人、飲食費は平均5.5万円でした。1人当たり2万3000円、つまり1日770円程度しか飲食費をかけていない計算です。

 生活が苦しいのに、なぜ食費をもっとかけないのか。

 私は幼少期から母子家庭で育ち、一時は母子生活支援施設で生活したので、よく分かります。

自分自身に実体験があるから、貧困家庭の食生活がどういうものかがよく分かる、という文脈でした。こうした体験が、松本さんの今につながっているところはあるのでしょうか。

松本:今につながっているかというと、どうですかね。つながっていると答えてしまうと、「出来過ぎた物語」になってしまうように感じます。

<span class="fontBold">松本健太郎(まつもと・けんたろう)</span><br> 1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で“学び直し”。その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャー、株式会社JX通信社にてマーケティング全般を担当している。政治、経済、文化など様々なデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。著書に『人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学』『データサイエンス「超」入門』(毎日新聞出版)、『なぜ「つい買ってしまう」のか?』『誤解だらけの人工知能』(光文社新書)など。(写真:栗原克己)
松本健太郎(まつもと・けんたろう)
1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で“学び直し”。その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャー、株式会社JX通信社にてマーケティング全般を担当している。政治、経済、文化など様々なデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。著書に『人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学』『データサイエンス「超」入門』(毎日新聞出版)、『なぜ「つい買ってしまう」のか?』『誤解だらけの人工知能』(光文社新書)など。(写真:栗原克己)
続きを読む 2/5 父母の離婚にほっとする

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。