コロナ禍に苦しむ世界で、チャイナ-アセアン経済圏(大中華経済圏)の存在感が急速に増している。米中対立とコロナ禍で結びつきを強めた中国とアセアンは、経済交流が活発化し、成長が加速する。GAFA(グーグル、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル)を寄せ付けない現地発のイノベーションだけではない。大阪などの日本の大都市を凌駕するような巨大で豊かな都市圏が続々と勃興。国内市場の停滞や縮小に苦しむ日本企業の活路としても期待が高まっている。

 しかしながら多くの日本人は、中国とアセアンに対する古い思い込みにとらわれており、現地で起きている急速な変化を捉えきれていない。巨大な商機をつかむために、 日本は何をすべきなのか? 

 中国とアセアンが融合する巨大経済圏の現状に、膨大なデータと事例で迫ったのが書籍『チャイナ・アセアンの衝撃 日本人だけが知らない巨大経済圏の真実』だ。本書の著者である邉見伸弘(へんみ・のぶひろ)氏に、中国とアセアンで起きている変化について聞くインタビュー第4回は、チャイナ-アセアン経済圏で人気を集める現地発のイノベーションの競争力、さらに日本企業がこの巨大経済圏で勝ち残るために磨くべき能力などについて聞いた。

 (聞き手はクロスメディア編集部長 山崎良兵、日経ビジネス シニアエディター 村上富美)

邉見 伸弘(へんみ・のぶひろ)
デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員・パートナー/チーフストラテジスト。JBIC(国際協力銀行)で、国際投融資(アジア地域及びプロジェクトファイナンス)やカントリーリスク分析、アジア債券市場育成構想(ABMI)などの政策案件に従事。米国系戦略ファームやハーバード大学国際問題研究所などを経て現職。国際マクロ経済・金融知見を軸に、メガトレンド分析、中期経営計画策定支援やM&A案件を中心に、業界横断型のプロジェクトに多数従事。(写真:北山宏一)

コロナ禍で成長を遂げるチャイナ-アセアン経済圏について、これまで、成長をけん引する巨大な都市群や、両地域をつなぐという大きな役割を果たす華僑企業などについてお話を聞きました。今回は、そこで起きているイノベーションがテーマです。日本ではアマゾンやグーグルなどのいわゆるGAFAやウーバーイーツなど、米国発のデジタルサービスの利用者が多いのですが、中国や東南アジアでは地元企業が強い。インターネット通販のアリババ集団や京東集団(JDドットコム)などの中国系企業に加え、配車アプリのシンガポールのグラブやインドネシアのゴジェックなどの企業が高いシェアを握っています。邉見さんはこれらの企業の競争力をどう評価されていますか。

邉見伸弘氏(以下、邉見氏):中国やアセアンで成功している会社の特徴は何かというと、現地の生活者が求めるニーズにきちんと対応していることだと思います。イノベーションというと、スーパーコンピューターのような先端技術の開発を思い浮かべがちですが、そればかりがイノベーションではありません。

 電子決済・送金サービスでタイで人気のトゥルーマネーや同じくカンボジアのウィングなどは、使っている通信技術は3Gですが、現地ではそれで十分なのです。その代わり、銀行口座を持たない人でも決済できるサービスを提供している。そこが重要なポイントです。カンボジアにおける銀行口座の開設率は2017年で22%にすぎません。そこで生じる不便を解消するようなサービスを提供しているから支持され、社会に実装されているのです。

 また、プロダクトは従来通りでも、視点をイノベーティブにすることで成功する例もあります。中国平安保険(ピンアン)が典型ですが、自分たちを金融業というよりは、データ産業として捉え直しています。おそらく購買履歴をはじめ、生活者の情報を取りに行く、生活者との接点を増やそうとしていると思うのですが、その切り替えが革新的です。2025年までの目標として「IT×金融×生活サービスの融合」を掲げ、オンライン診療や薬品販売ができる「平安好医生」や資産運用のアドバイスを提供する「平安天下通」などのフィンテック事業を展開しています。業界の慣習や規制にとらわれないのです。さらに、この市場が有望と見ると、異業種などからの新規参入も起きています。

 成功例は、天才的な経営者が作り出したイノベーションというより、今、起きているニーズを素直に受け止め、市場を再定義しなおした結果のように思います。

書籍『チャイナ・アセアンの衝撃』に詳しく書かれているいい例が、米ウーバーテクノロジーズが東南アジアに進出したものの、うまくいかなくて結局、グラブに事業を売却した話だと思います。欧米の先進的な企業でも、過去の成功体験にとらわれて、現地の人の目線に立ってビジネスを展開できないと失敗します。

邉見氏:その通りです。事業戦略を立てるうえでは、まず思い込みを捨てて、情報を集め、分析しなおすことが大事です。今回の本では、『鳥の眼』で全体の状況をつかみ、『魚の眼』で流れを読み、『虫の眼』で細かい情報を集めるという情報収集・分析の手法を紹介しています。それで言うと、ウーバーがうまく行かなかった理由の1つとしては、クレジットカードとひも付けて決済するという自分たちの従来の手法を、現地に合わせて変革できなかったことが挙げられると思います。

 実は、私のシンガポールでの体験は、ユーザー・エクスペリエンスとしてはウーバーの方がグラブよりも良かったのです。しかし、サービスとしてはグラブがなければ、いつまで待ってもクルマが来なくて困るといったような状況でした。

私も海外出張時にウーバーとグラブの両方を使ったことがありますが、ウーバーの方が使いやすいと思いました。

邉見氏:明らかにウーバーの方が使い勝手はいいのですが、それはクレジットカードにひも付けられる場合であって、現金払いができたり、Suicaのように現金でチャージができたりする方が現地の人には好まれたのです。このためウーバーは現地の人が求めるものとは違ったようです。それこそシンガポールはタクシーの競争が激しい都市国家で、狭い地域の中でシルバータクシーなど様々なサービスがある。ウーバーは「虫の眼」でそのような現地事情をうまく読み解けなかったのではないでしょうか。

続きを読む 2/3 中国・アセアンに学ぶという意識が必要

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。