コロナ禍が長引く中、日経平均株価が3万円台に乗せ、バブル崩壊後の高値を更新している。しかし、空前の低金利や日銀の株式ETF(上場投資信託)買いに支えられた高値相場が崩壊するリスクも高まっている。株式市場では何が起きているのか、金融バブルがはじけたら何が起きるのか、どう行動すべきなのか。異常な金融政策が生んだ金融業界の危うさに迫る小説『EXIT イグジット』の著者である相場英雄氏、『金融バブル崩壊 危機はチャンスに変わる』の著者であるさわかみ投信の澤上篤人会長と草刈貴弘最高投資責任者の3人が語り合った。鼎談の第3回では、金融バブルが崩壊する可能性を視野に入れた今後の経済、社会のイメージと、変化にどう備えるべきかについて、3人が議論する。

(司会はクロスメディア編集部長 山崎良兵)

相場英雄(あいば・ひでお)氏
1967年新潟県生まれ。89年、時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。2012年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。(写真:北山宏一)
澤上篤人(さわかみ・あつと)氏
さわかみ投信代表取締役会長。1947年、愛知県名古屋市生まれ。1973年、ジュネーブ大学付属国際問題研究所国際経済学修士課程履習。1999年に、日本初の独立系ファンド「さわかみファンド」の運用をはじめる。純資産は約3400億円、顧客数11万6000人を超え、長期投資のパイオニアとして知られている。(写真:北山宏一)
草刈貴弘(くさかり・たかひろ)氏
さわかみ投信 取締役最高投資責任者兼ファンドマネージャー。東洋大学工学部建築学科卒業。舞台役者、SBIフィナンシャルショップを経て、2008年10月さわかみ投信に入社。2013年1月より最高投資責任者兼ファンドマネージャー、2015年6月、取締役に就任。 (写真:北山宏一)

前回の記事では、異次元の金融緩和や無制限にも思える財政出動が日本や世界の経済を大きく歪めている現状や、マンガ「ドラえもん」からも学べる借金の恐ろしさについてお話しいただきました。鼎談記事の3回目では、様々なリスクが懸念される未来のイメージと、今後に備えて何ができるのかなどについて、お話をお聞きしたいと思います。

相場英雄氏(以下相場氏):経済がいよいよ回らなくなり始めたのでは? と感じるのは、最近、周囲の経済状況を気にする傾向が以前にも増して強まっているような実感があるからです。

 例えば、ゴミ捨て場のビニールの中に、発泡酒でなくビールの缶が入っていると、「あのうちはビールを飲んでいる」と近所で話題になるという話を耳にしました(笑)。

 また、私はバイクなどの乗り物が大好きなのですが、イタリアのドゥカティというメーカーのバイクを購入した時、「本が相当売れているらしい」と言われました。ただ、好きで乗っているだけなのですが(笑)。

 この程度なら笑い話ですが、景気が下降しているときは、世の中全体がゼロサムゲームの奪い合いのような雰囲気に包まれますので、無意識に隣の芝生が気になる傾向が強まっていくように思います。

澤上篤人氏(以下、澤上氏):日本は同調圧力が強い社会ですから、そうした傾向がより増幅されるのかもしれません。それがエスカレートすると、「自粛警察」が話題になったように、「〇〇警察」と呼ばれるような監視的な言動になっていくのでしょう。私は、そういう現象は、もう仕方のないことだと軽く流すようにしています。それより、経済が再び上り調子になる時、つまり、将来に視線を向けた方がいい。

相場氏:確かに。もし金融バブルが崩壊したら、その後は、インフレになっていると思うのですが、私は基本的に貯金、つまりキャッシュしか持っていません。

澤上氏:それはまずいかも(笑)。投資するのに早すぎる、ということはありません。ただし、長期的な視点で何が本物かを見極めて、今から金融バブル崩壊後の投資を考えた方がいいのかもしれません。

相場氏:住宅ローンを払い終わって、子供の独立も近いので、やっと自分のためにお金を使える、と思っていた矢先だけに、やはり今後、資産をどうしようかと考えてしまいます。

澤上氏:金融バブルが崩壊すると、インフレになることが当然予想されます。最悪の場合、巨額の不良債権を抱えることになる金融機関の経営が悪化し、預金を自由に払い出せなくなるようなリスクさえ考えられます。信用収縮も急激に進むので、瞬く間に「カネ余り」から「カネ詰まり」に転じます。

草刈貴弘氏(以下、草刈氏):メガバンクだって例外ではない可能性があると思います。預金以外を含めて、財産の置き場所をどうするかを、自分の頭で考えて、判断していくことが必要な時代だと言えるように思います。

相場氏:新刊『Exit イグジット』の中でも、南米で通貨が暴落してハイパーインフレが起こり、パンの値段が急激に上がっていく状況を書きました。コロナ禍もそうですが、一番弱いところにしわ寄せがいくのではないかと危惧しています。これまでは苦しい状況になると補助金を配ってきましたが、政府の財政にも、いつまで余裕があるのか。1990年代のバブル崩壊や2008年のリーマン・ショックの時に比べて、社会にゆとりがなくなっていると感じます。

続きを読む 2/4 ナポレオン戦争の時代から続くプライベートバンクのすごみ

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。