『嫌われる勇気』著者の岸見一郎氏と、気鋭の経営者が対話するシリーズ。

 著書『ほめるのをやめよう』において、上司と部下が対等な関係にある「民主的なリーダーシップ」を提唱する岸見氏。上司と部下の関係においても、親子関係においても、「叱る」という教育を否定する。

 それに対して、カヤックの柳澤大輔CEOは前回、「叱られて育った子どものほうが、大人になってからパワハラに遭ったときに強いのではないか?」と、疑問を呈した。

 議論は、パワハラをする人の精神構造から、メタ認知の重要性へ。さらに、リーダーとして怒りの感情をいかにコントロールしたらいいかの実践的なアドバイスに発展していく。

パワハラ上司の下で働いたとき、精神的に強いのはどんな人か。柳澤さんから前回、そんな問題提起がありました。

 「罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びるような環境で育ち、叱られ慣れている人のほうが、パワハラを受けても平気でいられるのではないか」。そう主張する人もなかにはいて、理屈として成り立たないわけでもない。岸見先生はどう考えられるか、と。

岸見:親が子どもに対等に接して育てれば、その子どもは大人になってからパワハラに遭っても、病むことはありません。そういう人は、「この上司は私に罵詈雑言を吐くけれど、所詮、そういう人なのだ」と、余裕を持って冷静に上司を見ることができるからです。

柳澤:絶対的な自信があるわけですね。

岸見:そうです。

逆に、上司から罵詈雑言を浴びて病んでしまうような人の弱さとは、何が原因なのでしょうか。

岸見:それを「弱さ」と呼ぶのは違います。

それでは、暴言を受け続けたときに、耐えられる人と耐えられない人がいるのをどう説明すればいいのでしょう。その違いは何なのでしょう。

岸見:暴言を吐く人がなぜそうするのかが分かっているかどうかです。親に民主的に育てられた子どもは、暴言を吐く人の心理が分かるので、病むことがありません。

柳澤:パワハラ上司のことも、客観的に見られるというわけですね。メタ認知が発達している。

岸見:そうです。

それでいいのでしょうか。

岸見一郎(きしみ・いちろう) 1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『生きづらさからの脱却』(筑摩書房)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『老後に備えない生き方』(KADOKAWA)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数
柳澤大輔(やなさわ・だいすけ)
カヤックCEO

1974年、香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、会社勤務を経て、98年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。鎌倉に本社を構え、オリジナリティのあるコンテンツをWebサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム市場に発信する。ユニークな人事制度やワークスタイルも発信。著書に『面白法人カヤック会社案内』『鎌倉資本主義』(ともにプレジデント社)、『アイデアは考えるな』(日経BP)、『リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来』(KADOKAWA)、『面白法人カヤック社長日記 2015年-2020年愛蔵版』(Kindle版)などがある。
続きを読む 2/5 「正義の怒り」は、許されるのか?

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。