これまでに読んだ本は1万冊以上、訪れた世界の都市は1200以上。「現代の知の巨人」と呼ばれる出口治明さんが、「教養としての地政学」を、分かりやすい言葉で説き起こす。

 前回(第1回)は、「地政学」の定義を、辞書で調べてみた。

 最初に少しだけ、前回の復習。『広辞苑』(2018年発売、第七版、岩波書店)によると、「地政学」とは……。

 「政治現象と地理的条件との関係を研究する学問。スウェーデンのチェレン(一八六四-一九二二)が首唱。主にドイツにおいて第一次世界大戦後の政治的関心と結びつき、ハウスホーファー(一八六九-一九四六)によって発展、民族の生存圏の主張がナチスに利用された。地政治学」

 出口さんの解説によると、地政学という名称を考案したのが、『広辞苑』に記載されているルドルフ・チェレン。ただし、その学説はドイツ人のフリードリヒ・ラッツェルの理論を継承し、発展させたもの。これらを大系化したのが、カール・ハウスホーファー。

 そんな「『広辞苑』の地政学についての解説は、必ずしも満点とは言い難い」と、出口さんは指摘する。そこで今回は、地政学を切り開いた巨頭として、出口さんが高く評価する2人の地政学者を紹介する。「海の地政学」を生み出したアルフレッド・マハンと、「陸の地政学」のジョン・マッキンダー。そして、出口流の地政学の定義とは……。

 出口さんの新刊『教養としての「地政学」入門』の刊行を記念した企画。

 『広辞苑』が取り上げていないふたりの地政学者がいます。アルフレッド・セイヤー・マハン(1840-1914)とサー・ハルフォード・ジョン・マッキンダー(1861-1947)です。

 このふたりは自分たちの学説を「地政学」とは呼んでいません。そのために言葉の意味を説明することを重要な役割とする『広辞苑』では、マハンとマッキンダーを取り上げなかったとも考えられます。

 しかし現代の地政学についての学界の評価では、チェレンからハウスホーファーにつながる地政学ではなく、マハンとマッキンダーの理論が高く評価されています。

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画を設立し、代表取締役社長に就任。08年4月、生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険に社名を変更。12年に上場。社長、会長を10年務めた後、18年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。主な著書に『生命保険入門新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」Ⅰ・Ⅱ』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする本物の教養』『自分の頭で考える日本の論点』(以上、幻冬舎新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)『人類5000年史Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義(古代篇、中世篇、戦国・江戸篇)』『世界史の10人』(以上、文藝春秋)などがある。
続きを読む 2/4 地政学はドイツの興亡と表裏一体

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。