サイバー犯罪者の低年齢化が進んでいる。警察庁の集計によると、不正アクセス禁止法違反の検挙者で最も多い世代が10代だ。最近は毎年、全体の3割程度を占めるまでになっている。

 子どもたちを検挙する“サイバー捜査官”たちの苦悩は深い。親に泣きつかれ、逮捕現場は修羅場となる。

 「正直言って、未成年をパクるのはこっちもつらい」

 記者が出会ったある警察OBはそう言った。彼は1992年に全国で最初にサイバー犯罪捜査に乗り出した先駆者だ。3年前に退官するまで、四半世紀にわたってサイバー犯罪者が低年齢化していく様子を肌で感じてきた。

長年にわたりサイバー犯罪捜査を手がけた警察OBは、多数の未成年ハッカーを検挙した(写真はイメージ、写真:PIXTA)

 そのキャリアは日本のサイバー犯罪史と重なる。捜査を始めた90年代前半は、まだインターネットの普及も進んでいなかったという。

 「当初はパソコン通信を使った犯罪を取り締まっていました。最初に扱ったのは裏ビデオの密売事件です。犯人はパソコン通信で注文を取り、商品を郵送していました。裏ビデオの密売事件が日本初となるサイバー犯罪の検挙事例かって? そう、間違いありません」

 2000年までは容疑者のほぼ全員が20代で、未成年を検挙した記憶は1度ぐらいしかない。状況が変わるのは01年以降だ。この時期、ネットを使った密売、著作権侵害、犯行予告など増え続けるサイバー犯罪に対処すべく、全国の各都道府県警でサイバー犯罪事件を専門に扱う組織が次々と立ち上がる。同時に容疑者の年齢層は従来の20代に加えて、下限は10代後半に拡大し、未成年の摘発が本格的に始まる。

 警察OBの脳裏には当時のある摘発現場での出来事が焼き付いている。

 「サイバー犯罪対策部門のトップを殺す」とネットで予告した未成年を検挙しに行ったときのことだ。

 「警察だ」

 そう言って警察手帳を突きつけても、目の前の子どもは無言。

 どうしたのかな?

 そう思っていると相手は突然、直立不動のまま後ろに卒倒した。

 「大丈夫か! どうしたんや!」

 間もなく意識を取り戻した子どもは意外なことを口にした。

 「もううれしくて。サインください」

 歓喜のあまり気を失ったようだった。よく聞くと、サイバー捜査官に会いたいがためにネットで殺人予告を書き込んだという。

 もう本当にバカじゃないか──。あきれて言葉が続かなかったという。

 子どもたちとの“苦闘”は11年以降さらにひどくなっていく。

続きを読む 2/3 田村正和風のハッカーに遭遇

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。