全4554文字

 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、真田幸村、上杉謙信……。歴史に名を残す英雄たちは、どのような失敗を経験し、そこから現代の我々は何を学べるのか。日経BPから『歴史の失敗学 25人の英雄に学ぶ教訓』を刊行した歴史家の加来耕三氏が、独自視点の軽快かつ濃密な歴史物語で、25人の英雄たちの 「知られざる失敗の原因」を明らかにし、ビジネスパーソンに役立つ教訓を浮かび上がらせる。

 今回取り上げるのは「越後の虎」として恐れられた勇将、上杉謙信。ライバルの武田信玄と何度も繰り広げた激戦はとりわけ有名だ。「敵に塩を送る」のエピソードでも知られる謙信の実像は、どのようなものだったのか。加来氏に聞いた。

(聞き手は田中淳一郎、山崎良兵)

上杉謙信は、武神である「毘沙門天」の旗印と、“軍神”とまでいわれた戦(いくさ)上手で知られています。一方で、今川家と対立して塩を手に入れるのに苦労していた、ライバルの武田信玄に塩を送ったというエピソードもあり、「義」に厚いともされています。謙信はどのような人物で、どのような失敗をしたのでしょうか?

加来耕三氏(以下、加来):上杉謙信は戦いの天才でした。閃(ひらめ)くのです。北条氏を追い詰めた永禄3~4年(1560~61年)の小田原攻めを成功させていたら、彼は関東を支配できた可能性もありました。

 戦争では天賦の才を発揮した謙信ですが、欠けていたものが一つありました。家臣や共に戦う武将を説得する能力です。説明責任といってもいいでしょう。なぜ欠けていたのか。その理由は謙信の生い立ちにありました。謙信は、実父の長尾為景に内訌(ないこう=うちわもめ)にならないように、といったん寺に送り込まれました。

 仏門に入った謙信が身に付けたのは禅や教養です。これは政治やビジネスの交渉の世界とは全く違い、「夢」や「理想」に自分自身が向き合うものでした。現実のさもしく、暑苦しい、裏切りの世界とは程遠いものです。

 謙信はひらめきの人で、若いころから武芸に秀でており、周囲が驚くほどでした。14歳の若さで元服して長尾景虎を名乗り、大将となります。元服した翌年には、謀反を起こした豪族を相手にした初陣を、鮮やかな勝利で飾っています。その後も数々の戦いで活躍し、19歳で家督を相続して守護代になり、20歳のときには越後の国主としての地位を周囲に認められました。

武田信玄と川中島で何度も戦った上杉謙信(右上、画:中村麻美)