やりたいこと、やるべきことを棚卸しする

 さて、皆さんが日々行っていることは、〈ikigaiベン図〉のどこに相当しますか?

 なるべく重なっているほうが、より生きがいに近く、より幸せな活動だと言えそうです。ですから、「仕事をしてお金を稼ぎ、社会に貢献はしているものの、まだ自分の強みは見つかっていないし、ワクワクするような仕事ではない」という人(Vocation)は、強みや楽しいことを見つけたほうが、幸福度が上がるでしょう。

 「楽しくて仕方がない趣味はあるけど、仕事はそれとは別」という人は、できれば、楽しくて仕方のないことと仕事を一致させたほうが幸せでしょう。脱サラしてペンション経営を始めましたとか、農業を始めましたという人はこのタイプでしょうか。

 一度しかない人生、「まあ仕事だから仕方がない」「どうせ自分はこんなものだ」なんて言っていないで、4つの円の重なるところを模索すべきではないでしょうか。

 そう思って、私は「やりたいこと、やるべきこと棚卸しシート」というのを作ったことがあります。「いま仕事で」「いまプライベートで」「将来、現世で」に分けて、「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」「気づき」を記入します。そして、全体を眺めて、気づきを得ます。

 私が以前やってみたものを、図表2に掲載します。ぜひ、皆さんもやってみてください。少し時間がかかるかもしれませんが、きっと何か気づきを得られることでしょう。そして、さらに幸せになるためのヒント、生きがいのためのヒントが見つかることでしょう。

 多くの人が、強みと、やりたくてしょうがないこと、社会のためにやるべきこと、そしてお金を得られることの重なる部分を見つけ、生き生きと幸せに生きていかれることを、心から願っています。

100万部突破のロングセラー

 トム・ラス著『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(日本経済新聞出版)は、「人のよいところ」や「優れた点」を34種類の資質(才能)として抽出、紹介しています。人によって異なる、これらの資質こそ、その人を際立たせる特長であり、最高の力を発揮するための「武器」となります。

 あなたは毎日、最も得意な仕事をする機会に恵まれていますか。隠れた才能を開花させるための戦略やアイデア、ヒントが満載です。

※本書の関連情報を集約した特設WEBページはこちら

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。