全4183文字

 非核化を巡る交渉が停滞し、北朝鮮に対する米国主導の厳しい経済制裁が続く。だが対北強硬策をせせら笑うかのように、北朝鮮のサイバー部隊が各国の金融機関や仮想通貨交換会社のシステムを次々とハッキングし、外貨をせっせと盗み出している。こんな国家は世界中を見渡してもほかにない。被害額は累計で最大2200億円と見積もられている。

 「強盗団まがいのサイバー部隊を創設したのはほかならぬ金正恩(キム・ジョンウン)委員長その人だ。日本で外貨を荒稼ぎしている」と暴露するのは、金興光(キム・フングァン)氏だ。北朝鮮でサイバー部隊に入隊するエリート学生にコンピューター科学を教えていた元大学教員である。現在は韓国ソウルに逃れ、自分と同じように脱北した知識人で組織する非営利団体、NK知識人連帯の代表を務める。

 金興光氏は「裏切り者」として、北朝鮮が放つ刺客に狙われるリスクを背負って生きている。記者が訪問したソウルの事務所には、身辺警護を担う韓国警察の刑事1人が常駐していた。そんな物々しい雰囲気の中でインタビューは始まった。サイバー部隊が荒稼ぎした外貨で、核・ミサイル開発にまい進する独裁国家の内実が浮かび上がってきた。

(聞き手は本誌・吉野次郎)

   

北朝鮮にいたころ、金興光さんは大学の教員だったんですよね。

金興光:はい。咸興(ハムン)コンピューター技術大学でコンピューター科学を教えていました。国が指定する「IT重点大学」の1校です。

北朝鮮の金正恩委員長(写真)は父、金正日総書記(当時)が創設したサイバー部隊を引き継ぎ、世界中で暴れ回っている(写真:ロイター/アフロ)

IT重点大学とは?

金興光:平壌には理科大学や美林大学など、国がIT重点大学に指定する高等教育機関がいくつかあります。高校で好成績を収めた生徒を全国から毎年500人ほどIT重点大学に入れて高度なIT教育を施しています。優秀な卒業生は朝鮮労働党直轄の諜報機関、偵察総局のサイバー部隊に進むことができます。外国から機密情報を盗んだり、システムを壊したりする「国のハッカー」としてのキャリアを歩みます。軍・諜報関係者の間では羨望の対象となる超エリートです。

彼らはどこで活動しているのですか?

金興光:北朝鮮国内であれば平壌です。あとは中朝国境を流れる鴨緑江や豆満江沿いに拠点があります。

建設労働者や商社の社員を装って暗躍

なぜ川沿いに?

金興光:中国側の村で使用しているWi-Fiの電波が強く、川を越えて北朝鮮側にも届いています。サイバー部隊の隊員は中国側から漏れてくる電波を勝手に使ってネットに接続しています。サイバー攻撃の発信源が北朝鮮だと分からないようにするためです。中国側から川越しに北朝鮮側を眺めると、サイバー部隊の拠点が肉眼で確認できますよ。

 北朝鮮国外でも中国、タイ、マレーシア、ベトナムなどアジア諸国や、東欧諸国に隊員が散らばり、建設労働者や商社の社員、留学生、研修生を装って、全世界に対してハッキングを仕掛けています。

サイバー部隊の組織構成を教えてください。

金興光:偵察総局の中には4つのサイバー部隊が存在します。人員が4500人と最も規模が大きいサイバー部隊が「121部隊」です。ハッキングによる情報の窃取と、システムの破壊工作を任務としています。1998年に当時の金正日(キム・ジョンイル)総書記が設立しました。これが北朝鮮におけるサイバー部隊の起源です。

 その後、121部隊から人員を500人ずつ引き抜く形で、最新のサイバー攻撃技術を研究・開発する「ラボ110」や、国力の向上につながる外国の科学技術情報や軍事情報を盗む「91号室」がつくられました。そして金正日氏の息子の金正恩氏が創設したのが「180部隊」です。この部隊の任務は極めて特殊です。