いずれ、日本企業も決断しなければいけなくなることだ。中国に進出して、中国軍と取引する中国企業に、(軍事転用可能な)技術を提供することを是とするのか。あちら側で何がなされるかは、こちら側からは見えない。(ビジネスと軍事の)二重目的の科学技術は存在する。

 新しい経営のテーマだ。何が正しく、何が間違っている、といったことを私が言うつもりはない。ただ、日本の経営者は今後、こうした問題について考えなければいけない。それは言っておきたい。

 過去60年以上、経営者はこうした(国防がからむ)テーマをあまり考える必要がなかった。

 だが、それ以前は違った。1940年代には考え抜かねばならなかった。

 

 それは当時なら、「ヒトラーのドイツと取引するのか?」についてだった。

ヘンリー・フォードの反ユダヤ思想

 米自動車大手フォードの創業者ヘンリー・フォードは、「ヒトラーのドイツ」に対して好意的だったという。だが一方で、それをよしとしない経営者もいた。

ヘンリー・フォードが1920年代初頭に発表した『国際ユダヤ人(The International Jew)』は、反ユダヤ主義思想の書であり、日本語にも翻訳されている。アドルフ・ヒトラーはこれを愛読し、フォードを褒めたたえたという。『国際ユダヤ人』は、ナチスの若手党員などに思想的影響を与え、フォードも当時はナチスに好意的であったとされる。

 当時は、ナチスとの取引は禁止されてはいなかった。では、政府にダメだと言われないかぎり、経営者は取引を続けるのか? それとも、自分自身の良心に従うのか?

 これこそ(我々が今、直面している)新たな問題だ。

次ページ イーロン・マスクの憂う「人類の自滅」