日経ビジネスで1年間連載した相場英雄氏の小説『Exitイグジット』が書籍化された。日本が抱える最大の問題である「財政」に切り込んだ作品の中では、「世界中にヤバい国はたくさんあるが、一番ヤバいのは日本」「(日本は)ノー・イグジット(出口なし)」という登場人物のせりふが飛び交う。著者である相場氏は通信社の記者として日銀や株式市場など金融業界を取材した経験を持ち、日本の金融、財政政策に危機感を抱いていた。だが、連載開始後に新型コロナウイルスの感染問題が発生し、事態はさらに深刻化した、と見る。相場氏が作品に込めた思い、日本の財政に対する危機感とはどのようなものか。

 今回は『Exitイグジット』でも取り上げた地方銀行の経営環境など金融に関する話題に加え、登場人物の造形といった執筆の背景について聞いた。(聞き手は日経ビジネス)

相場英雄(あいば・ひでお)氏
1967年新潟県生まれ。89年、時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。2012年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。写真:北山宏一

モーニング文化圏で感じる中間層の厚み

前回は、一連の相場作品で取り上げられている日本の格差社会化、その背景にある派遣労働の規制緩和など雇用の問題についてお話を聞きました。かつて日本は一億総中流とも言われましたが、格差が広がることで、どんな影響が出るとお考えですか。

相場英雄氏(以下、相場氏):中間層の分厚さは、良くも悪くも社会の安定につながると思うのです。一例ですが、昨年、親族の法事のために東海地方を訪れました。名古屋を中心としたこのエリアは、いわゆる喫茶店のモーニング文化圏です。訪れた日の朝も、地元の喫茶店はどこもにぎわっていました。近隣のテーブルの会話に耳を傾けていると、東京圏で耳にするような悲壮な話はほとんどなく、ごくごく普通の世間話ばかり。何を言いたいかといえば、決して安くないモーニングを、家族や友人とともに楽しむ余裕があると感じたわけです。

 都心で生活し、日々ホームレスが増加する様子を見ていると、何がこのゆとりを生んでいるのかと考えを巡らせるわけです。そこで考えたのは、これは中間層の厚みが首都圏と東海エリアで決定的に違うのではないか、という仮定です。東海エリアはトヨタ経済圏とも呼べる地域です。トヨタ自動車を筆頭に、これに連なる関連企業などで働く人の裾野が広い。コロナ禍であっても、非正規労働者も含めて比較的雇用が安定している。そうであれば、そこに暮らす人たちに日々の生活への不安は薄いのではないか、そう考えたわけです。

 実際、親族の数人がトヨタ系列の大手企業で働き、東京の格差問題を話すと首をかしげていました。要するに彼らにはまだ実感がないのです。しかし、首都圏で生じている強烈な格差が是正されなければ、今後治安面での不安につながるかもしれません。

地域によっても景気の違いは大きいと感じますか。

相場氏:震災の影響もあると思いますが、北の地域、北東北から北海道にかけては、比較的、厳しい印象があります。

地方銀行の地盤沈下。進む再編、淘汰

今回の『Exitイグジット』に登場する主人公・池内貴弘の元恋人は、池内の故郷・仙台の地方銀行に勤めているという設定でした。彼女が勤める銀行も経営難に陥っています。

相場氏:全国で地銀が収益減に直面し、存続の危機にあると言われます。とりわけ東北は深刻なようです。震災はもちろん、人口の減少なども影響しているはずです。

 一昔前までは、優秀な人材が地元で就職するなら、県庁や地域ナンバーワン銀行というのが定番でした。地銀の幹部ともなれば、地域のエリート、名士として扱われる存在でした。しかし、その地位は明らかに揺らいでいます。

 地方の銀行界全体がここまでの経営難に陥った最大の理由は何かといえば、アベノミクスの異次元の超低金利政策の長期化であると考えます。今、貸出金利は史上最低水準にありますが、これほどの低金利でも、各地で地場産業が衰退し、生産人口が減少し、貸し出しが増えません。そもそも資金需要そのものが少ないのでしょう。銀行にしても、無理やり貸せば不良債権になる恐れが大きい。本業で収益を出せないジレンマは当分解消されないでしょう。

『Exitイグジット』の中にも、「昔は金利という概念があった」というせりふが出てきます。預金する側も金利に期待していませんが、銀行にとっては本業のもうけが消えたわけですね。

相場氏:生き残りのために、すでに県境を越えた銀行同士の経営統合も起きています。私は地方に行くと、地元の新聞社やテレビ局の方からお話を聞く機会が多いのですが、地元の人に言わせると「昔だったらあり得ない」再編が進んでいる。裏を返せば、それほど苦しいということです。

相場さんは「自分を守るために自分で考えろ」と言っておられましたが、考えているはずの地銀の人たちですら、自分を守れなくなるかもしれないということですか。

相場氏:地銀の中には、優秀で危機感が強い人は当然いるはずですが、組織自体が動けないのではないでしょうか。追い詰められているのだと思います。これまで何とか存続させ、ここから再編で生き残りを図ろうとしたところにコロナ禍が起きました。再編も、さらには淘汰も加速するでしょうね。

続きを読む 2/3 「磯田一郎・財務大臣」のモデルの政治家は

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。