日経ビジネスで1年間連載した相場英雄氏の小説『Exitイグジット』が書籍化された。日本が抱える最大の問題である『財政』に切り込んだ作品の中には、「世界中にヤバい国はたくさんあるが、一番ヤバいのは日本」「(日本は)ノー・イグジット(出口なし)」という登場人物のせりふが飛び交う。著者である相場氏は通信社の記者として日銀や株式市場など金融業界を取材した経験を持ち、日本の金融、財政政策に危機感を抱いていた。だが、連載開始後に新型コロナウイルスの感染問題が発生し、事態はさらに深刻化した、と見る。相場氏が作品に込めた思い、日本の財政に対する危機感とは。

 第2回となる今回は、日本の格差社会の現状、さらに格差が生まれた背景について相場氏はどう見ているのか、また「自分を守れるのは自分だけ」と語る相場氏が、通信社時代を含め、自ら歩んできた道を語る。(聞き手は日経ビジネス)

経済格差の原因は派遣の規制緩和に

前回、新型コロナ禍による経済への悪影響はボトムアップ型で、まずは経済的な弱者から打撃を受けているというお話をされました。一方で株価は上昇し、東京ではマンション価格も高止まりして資産バブルの状態にあるともいわれます。金融緩和であふれたお金が、投資に向かっているとの指摘もあります。

相場英雄氏(以下、相場氏):安倍前首相時代にトリクルダウン(富める人が富めば、富がしたたり落ちて、貧しい人も豊かになる)という理論が幅を利かせました。しかし、実際は、豊かな上層でお金の流れが止まっています。これほどたくさんの新しい商業ビル群を造って、果たして需要があるのかは分かりませんが、まだ不動産の再開発も続いています。いまだにMMT(債務が増えれば、その分、通貨の発行量を増やせばよいとする現代貨幣理論)に基づいて、財政出動は問題ないと言う人もいます。コロナの収束が見えない中、好むと好まざるとにかかわらず、財政の急激な膨張はまだ続くのではないか、そんな見方をしています。

相場英雄(あいば・ひでお)氏
1967年新潟県生まれ。89年、時事通信社に入社。95年から日銀記者クラブで為替、金利、デリバティブなどを担当。その後兜記者クラブ(東京証券取引所)で市況や外資系金融機関を取材。2005年『デフォルト債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、翌年から執筆活動に。2012年BSE問題をテーマにした『震える牛』が大ヒット。『不発弾』『トップリーグ』『トップリーグ2』などドラマ化された作品も多数ある。写真:北山宏一

コロナ禍以前から問題になっていた貧富の差が広がっているようです。相場さんは2020年11月に発売された『アンダークラス』(小学館)でも格差の問題に焦点を当てています。格差社会の現状、今後をどうお考えですか?

相場氏:経済格差が今後も拡大していくことを強く危惧すると同時に、もはや修正不可能なフェーズに入ったと考えています。特に、コロナ禍においては、特効薬がない、ワクチン接種に時間がかかる、変異種が出現するなどの理由で感染に歯止めがかからない状況です。今後さらに困窮する人が増えるのは確実でしょう。

 では、そもそもなぜ格差が深刻化したのか。2018年に出した小説『ガラパゴス』(小学館文庫)の中では人材派遣の問題にフォーカスしました。遡ると、2000年代初頭から半ばにかけ、当時の小泉政権下で次々に労働者の派遣をめぐる規制緩和が実行されました。このあたりから、この国のシステムがおかしくなったように思えます。

 それまで正社員を重視し、いわゆる日本型雇用を守ってきたのに、人材の調整弁として使える派遣の対象業務を拡大し続けました。企業にとっては固定費を減らすことのできる非常に便利な制度です。一方、雇用される側は派遣として働くことで保障がなくなり、自己責任の領域が拡大することを意味します。制度改革、規制緩和という名の下、結果として、正規社員と派遣など非正規の立場で働く人との間に圧倒的な格差が広がりました。

 先にも触れましたが、コロナによる経済の急激な落ち込みは、真っ先に弱い立場の働く人たちを襲いました。飲食業、旅行業、イベント関係等々、自粛による影響をもろに受けた業種の非正規の方々です。従来広がっていた格差は、コロナによってさらに拡大が加速すると予想します。

続きを読む 2/3 誰も守ってくれない、だから自分で守る

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。