昨年、日経BPから刊行した『世界最高峰の経営教室』。経営学者を中心に、世界トップクラスの研究者17人から、ビジネスに示唆のある話を引き出したインタビュー集だ。

 知的刺激に富む論考をバラエティー豊かに取りそろえることを狙って編集したが、読者からは、「教授一人ひとりの話が短くて読み足りない」との声が、多く寄せられた。

 そこで今回から、同書に登場する、「ダイナミック・ケイパビリティ」の生みの親、米カリフォルニア大学バークレー校のデビッド・ティース教授のロング・インタビューを、数回に分けてお届けする。

 さらに、米スタンフォード大学のチャールズ・オライリー教授については、日経ビジネス有料読者向けに独占収録した「両利きの経営」の特別講義を公開する。1月20日20:00スタート。視聴登録はこちらから。

ティース教授が提唱された「ダイナミック・ケイパビリティ」への関心が高まっています。ダイナミック・ケイパビリティは、直訳すれば「動く能力」となりますが、論文などを拝見すると、「組織が変化する能力」と言い換えられそうです。

ティース教授:私が提唱するのは、単なる変化ではない。正しく変化することだ。

「正しく変化する能力」――。これをダイナミック・ケイパビリティと呼びたい。

具体的にはどのような能力を指すのでしょうか。

ティース教授:解明するには時間がかかる。簡単にできることなら、とっくに誰かが解明しているはずだ。

確かに、ダイナミック・ケイパビリティの概念は、1997年にティース教授が発表して以来、今なお、世界中の経営学者がさまざまな切り口から論じ、研究が続けられていて、未完成ともいえます。それだけ重要であり、複雑です。

ティース教授:私が敬愛するピーター・ドラッカーは、こんな言葉を残した。

「正しくやることが重要なのではない。正しいことをやるのが重要なのだ」

『現代の経営(下)』(上田惇生訳)には、「重要なことは、正しい答えを見つけることではない。正しい問いを探すことである。間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない」とある。
<span class="fontBold">デビッド・ティース(David J.Teece)<br> 	米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院教授</span><br> 1948年生まれ。75年米ペンシルベニア大学で経済学の博士号を取得(Ph.D.)。米スタンフォード大学、英オックスフォード大学を経て82年から現職。産業組織論、技術変革研究の世界的権威で、200本以上の論文を発表。特に1997年発表の論文で提唱した「ダイナミック・ケイパビリティ」の概念は大きな反響を呼び、今も数多くの研究者が理論化に取り組んでいる。
デビッド・ティース(David J.Teece)
米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院教授

1948年生まれ。75年米ペンシルベニア大学で経済学の博士号を取得(Ph.D.)。米スタンフォード大学、英オックスフォード大学を経て82年から現職。産業組織論、技術変革研究の世界的権威で、200本以上の論文を発表。特に1997年発表の論文で提唱した「ダイナミック・ケイパビリティ」の概念は大きな反響を呼び、今も数多くの研究者が理論化に取り組んでいる。
続きを読む 2/5 「正しくやる」の限界とは?

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。