『嫌われる勇気』の著者として知られる岸見一郎氏が、初めてリーダーシップを論じた『ほめるのをやめよう』。この本に推薦の言葉を寄せた現役経営者と岸見氏の対話をお届けする。サイボウズの青野慶久社長(こちらの記事など)、ユーグレナの出雲充社長(こちらの記事など)に続いて、今回からは、面白法人カヤックの柳澤大輔CEOに登場いただく。

 岸見氏の主張する「民主的なリーダーシップ」に対し、「『共感』はするが、そのようなリーダーシップが果たして『強い』と言い切れるのか?」と、柳澤CEOは、疑義を呈する。その疑問に、岸見氏は、どう答えるか。

柳澤:『ほめるのをやめよう』という本のタイトルは、“釣り”ですよね。いろいろな主張のなかから、意外性があるものを選んだのであって、これが一番、言いたいことではない。

そうですね(苦笑)。

柳澤:本題は「民主的リーダーシップ」というか、いわゆる「サーバント型リーダーシップ」のすすめですよね。僕らも結構、そちら側の会社なので、読んで共感するところはすごく多かったですし、僕らが考えていることを言語化していただいた感じがありました。

ここで柳澤さんがCEOを務めるカヤックについて、少し補足します。

 1998年、柳澤さんと学生時代の友人3人で創業したカヤックは、ウェブ制作、ウェブサービスを中心に、ゲーム関連事業や地域プロモーションなど、幅広い事業を展開。2014年に東証マザーズに上場しています。「面白法人」を自称し、ユニークな組織運営でも注目を集める存在です。有名なのは、例えば「サイコロ給」。毎月、給料日前に全社員がサイコロを振り、出目によって今月の支給総額が決まるという仕組みがあります。

 そんなカヤックのCEOとして、岸見先生の主張する「民主的なリーダーシップ」、ないしは「サーバント型リーダーシップ」には共感する、と。

柳澤:ただ、こちら側のリーダーシップ(民主的リーダーシップ)が、「勝つ」のかというと、どうなのでしょうか。

岸見一郎(きしみ・いちろう)
1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『生きづらさからの脱却』(筑摩書房)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『老後に備えない生き方』(KADOKAWA)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。
柳澤大輔(やなさわ・だいすけ)
カヤックCEO
1974年、香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、会社勤務を経て、98年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。鎌倉に本社を構え、オリジナリティのあるコンテンツをWebサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム市場に発信する。ユニークな人事制度やワークスタイルも発信。著書に『面白法人カヤック会社案内』『鎌倉資本主義』(ともにプレジデント社)、『アイデアは考えるな』(日経BP)、『リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来』(KADOKAWA)などがある。
続きを読む 2/5 「民主」は、「強権」より強いのか?

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。