「自分たちがいない100年後の予測なんて何の意味もない」。そう考えるのは大きな誤解だ。国内外を問わず、先進企業の多くは超長期未来予測をベースに経営を組み立てている。「100年後も強い企業」になるための第一歩は、そんな100年後を見据えることから始まる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1467文字 / 全文3462文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題