全2678文字

 色あせつつある「長寿の方程式」は、「環境変化に対応し進化せよ」だけではない。「伝統を磨き、そして守り抜く」も、産業界で当たり前のように語られながら、現実には失敗例も多い代表的鉄則の1つだ。

 たとえ時代が変わっても自分たちの“コア”は変えない。無駄な多角化や新規事業に手を出さず、最も競争力のある部分に経営資源を集中する――。そんな戦略は確かに、これまでは老舗企業の共通項だった。例えば、造り酒屋や温泉旅館などの中には、営業エリアも事業内容も創業当時のスタイルをほとんど変えず、100年以上存続している事業者が少なくない(老舗の法則②-1)。

「伝統を磨く」、成功例には“派生型”も

 “コア”は変えないが、“周辺”を少しだけ変えるという方法もある(老舗の法則②-2)。提供する商品・サービスはそのままだが、営業エリアを変えたり、商品構成や商品機能を改良したりするやり方だ。

 代表例は、室町時代からの歴史を持つ和菓子の製造販売業、虎屋(東京・港、黒川光博社長)。皇室や公家に菓子を納める店として京都で創業し、明治維新後、本拠を東京に移転した。主に近隣の富裕層などを対象に商売を続けたが、戦後は一般顧客向けの店舗を全国展開して業績を拡大。パリにも店を出すなど営業エリアを海外にも広げた。一方、提供する商品は創業から約480年を迎えた今も原則、「和菓子一筋」で変わらない。

 この「伝統を磨き守り抜く」戦略は、「環境変化に対応し進化する」以上に、言うはやすく行うは難しだ。例えば、18年5月に破産した江戸時代創業の花園万頭(東京・新宿)。虎屋と同じように「和菓子一筋」を貫いてきたが、ロングセラーとなった「花園万頭」や「ぬれ甘なつと」に続くヒット商品を生み出せず、経営が行き詰まった。

「伝統を磨き、そして守り抜く」。現実には、失敗例も多い老舗の法則の1つだ(写真:PIXTA)

 大阪市中央区のユニホーム製造会社「サンリット産業」は、1966年創業で50年以上の歴史を持つ会社だった。最も比重を置いて手掛けていたのは、警察や消防をはじめとする官公庁や金融機関向けなどの制服。「サンリットで制服をそろえると、身も心も引き締まる」。高度経済成長期には、納入先からはこんな声も上がるほどの人気だったという。