マーケティング集団「刀」の代表で、日本を代表するマーケターの森岡毅氏。USJの業績をV字回復させたことが有名だが、飲食店やリゾート施設の経営再建などに手腕を振るっている。今回は森岡毅氏のインタビューや関連する過去記事を振り返ってみる。

日本を代表するマーケター「森岡毅」氏

 森岡氏は、日本を代表するマーケター、実業家の一人だ。大学卒業後にP&Gに入社した森岡氏は、ブランドマネジャーやマーケティングディレクターなどを歴任。P&G退社後はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)に入社し同社のV字回復に貢献したことで知られる。

 入社から3年でUSJの入場者数を730万人台から1050万人にまで引き上げた森岡氏は、同社を退社してマーケター集団、刀(大阪市)を設立。沖縄県でテーマパーク事業構想を進める一方、丸亀製麺やネスタリゾート神戸(兵庫県三木市)の立て直しや西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)のリニューアルにも関わった。今後も地方のレジャー施設、飲食店、ホテルといった中小企業の経営再建に力を入れていくという。

 この記事では森岡氏が刀を設立した背景やこれからの取り組みについて、インタビューを含む過去記事から紹介していく。

USJをV字回復させた森岡氏が企業再生会社を設立

 2017年1月にUSJを退任した森岡氏。その半年後に立ち上げたのが、マーケティングを主軸とする刀だ。その社名には「本当の意味でのマーケティング」の普及が遅れている日本に、世界と戦うための武器(マーケティング)を提供するという意味が込められている。

「刀」を立ち上げた元USJ森岡氏の次の一手とは

 森岡氏の刀では、マーケティングの精鋭チームがクライアントの業種に合わせて経営や事業に参画し、数年をかけてクライアント企業を再生する。一般的なコンサルティング会社との違いは「契約が終了した後も持続的な成長が可能になるようノウハウそのものを移植する」ことだ。

 同社はベアリング・プライベート・エクイティ・アジアとの提携を通して、「経営力」と「資金力」の両面でクライアントを強力にサポートしていくという。

USJ再建人が沖縄でテーマパーク再挑戦

 西武園ゆうえんちや丸亀製麺など、次々にクライアントと契約を結ぶ刀。クライアントが期待するのは、P&Gで磨かれUSJで実証された森岡氏の手腕だ。

コロナ禍でも売り上げ2倍に! リーダーの胆力こそが躍進の源泉

 兵庫県の「ネスタリゾート神戸」が新型コロナウイルス禍でも驚異的な成長を続けている。2020年9月の売上高は前年同月比で133%、11月後半には201%を記録したという。成功の陰には、森岡氏率いる刀の支援を受けて施設の「顔」となる強みを持ったこと、そして経営者のリーダーシップがある。

Z世代から「エモい」 昭和で“若返った”西武園ゆうえんちの戦術

 21年5月19日にリニューアルオープンした西武園ゆうえんち。森岡氏がリニューアルに参加した同園は「1960年代の日本にタイムスリップ」したかのような雰囲気が特徴だ。昭和を知らないZ世代すら惹きつけるのはUSJ仕込みのマーケティングの成果といえる。

USJ再生の森岡氏「失敗を恐れるな リソースの3割を新事業に」

 森岡氏は19年に狩猟免許を取得。刀の顧客にはエンターテインメント事業を手掛ける企業が多いが、狩猟からは「現代人が忘れてしまった興奮や喜び」が感じられるといい、「新たなエンタメの可能性を探るヒントになる」とビジネス面でのメリットを指摘する。

最後に

 USJをはじめ、数々の企業を再生させてきた森岡氏。同氏率いる刀のマーケティングノウハウは、コロナ禍で苦しむレジャー業界や飲食業界を活性化させた。森岡氏と刀だけでなく、その支援を受けた企業のこれからに要注目だ。

 さらに詳しい記事や、会員限定のコンテンツがすべて読める有料会員のお申し込みはこちら

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「テーマ別まとめ記事」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。