マーケティング用語で「人が生活するうえで必要な充足感が満たされていない状態」を意味する「ニーズ」。コトラーが提唱した概念だが、人々のニーズを満たすことで成功した国内外の事例は枚挙にいとまがない。今回は老舗企業からベンチャー企業まで各種の成功事例を過去記事から振り返ってみる。

ビジネスを成功させる鍵は「ニーズ」にあり

 ニーズ(Needs)とは、一般に「欲求、要求、需要」を意味する言葉だ。特にマーケティングの世界では「人が生活するうえで必要な充足感が満たされていない状態」として知られている。

 米国の経済学者フィリップ・コトラーによると、ニーズには明言されたニーズ、真のニーズ、明言されないニーズ、喜びのニーズ、隠れたニーズの5段階があるという。企業は顧客のこうしたニーズをくみ取り、それぞれの段階に応じて戦略を立てなくてはならない。

 実際、これまでにヒットしてきた(もしくは話題を集めた)商品やサービスは、いずれも時代や顧客が求めるニーズに合致したものがほとんどだ。この記事ではそうした事例のいくつかを、過去の記事からピックアップしてみる。

ゼロからの大発明 日清食品社史に見る逆風に強い企業

 1958年8月、後に日清食品(現日清食品ホールディングス)の創業者となる安藤百福氏が生み出した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」。商品そのもののシンプルさや「調理の時間も手間もかからない唯一無二の商品性」が消費者に支持され、新たなニーズを生み出した結果、チキンラーメンと日清食品は急成長を遂げることになる。

スクー、社会人のリスキリング手助け 授業を365日生放送

 約70万人の会員を抱える学習動画サービス大手、スクー。社会人のリスキリング(学び直し)のニーズを背景に、ITスキルや思考術など幅広い学習動画で支持を集めている。企業向けの研修教材サービス「Schoo for Business」は特に成長著しく、直近1年間だけで導入企業は800社以上も増加しているという。

ネットと店舗が融合 その先に見る勝ち筋

 小売業界で高まるニーズのひとつが「超即配」だ。米国ではウォルマートやアマゾン・ドット・コムが食品の即日配送を手がけるほか、30分、15分、10分といった短時間配送を行うスタートアップも登場している。

 ニーズが高まっているのは日本も同じだ。すでにZホールディングスが最短15分の食料品配達サービスを開始しているが、セブン-イレブン・ジャパンの「ネットコンビニ」サービスはさらに大きな話題を集めている。同社では2022年2月中に都内の約1200店舗でサービス提供を行い、2025年度には全国の約2万店まで拡大させる計画だという。

競合出し抜きシェア奪取 利益率は驚異の55%!神出鬼没の営業術

 センサーを中心とした電子機器の製造販売を手がけるキーエンス。同社の営業利益率は55%と驚異的な数字を誇るが、その背景にあるのは「常に顧客のニーズを探り続け」る粘り強さと、「チャンスとみたら電光石火で勝負をかける」機動力だ。

プログラミング思考、遊びで養う 小学校必修化で教材開発が活発に

 子供向けのプログラミング教育のニーズが高まっている。これを受けて、ソニー・グローバルエデュケーションは小学生向けのロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」を発売。トライグループやZ会をはじめ、全国1000以上の学習教室で活用されているという。

 他にもユカイ工学の「ユカイなパチパチブロックキット」、中国・オボット社の「Xtron Pro(エックストロン プロ)」なども、プログラミング教育のニーズを背景に注目を集め、売り上げを伸ばしている。

モデルナの革新を生む勝利の方程式「未来のニーズ」を逆算

 新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で続き、ワクチンのニーズが高まる中「約1カ月半でワクチンを開発」したのがモデルナだ。同社の成功は偶然の産物ではなく、社内で「もし~なら(What if?)仮説」と呼ぶ仮説を立て、未来のニーズを逆算した結果によって生まれた必然の結果だという。

まるで結婚式 M&A後の統合作業に手紙の朗読や花束贈呈

 日本では中小企業の後継者不足が深刻化している。経営者が2025年に交代期の70歳を超える約245万社のうち、約半数に当たる127万社が後継者未定、さらにそのうちの約60万社が黒字のまま休廃業・解散に追い込まれるおそれがあるという。

 こうしたニーズを受けて急成長しているのが、M&A(合併・買収)をサポートするサービスだ。

最後に

 ビジネスで成功を収めるためにはニーズを見つける目が欠かせない。チキンラーメンやプログラミング教材がそうであったように、世の中でどのようなニーズが生まれているのか、自分や自社がどのようなニーズを満たせるのか常に考えることは、ビジネスに関わる者として重要な素養の一つだ。

 さらに詳しい記事や、会員限定のコンテンツがすべて読める有料会員のお申し込みはこちら

この記事はシリーズ「テーマ別まとめ記事」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。