12月12日に英総選挙が行われる。争点の1つが英国のEU離脱(ブレグジット)に伴い英領北アイルランドをどのように扱うかだ。北アイルランドの企業経営者はジョンソン首相の離脱案をどのように受け止めているのだろうか。飲料ボトルなどのラベルメーカー、ニュープリントのギャビン・キリーンCEO(最高経営責任者)に話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2552文字 / 全文2563文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題