全3930文字

北アイルランドで英国のEU離脱(Brexit、ブレグジット)の影響を最も受ける産業は、食品関連だ。同地の食品産業は英本土やアイルランドと密接なサプライチェーンを構築しているからである。北アイルランド最大の食品飲料団体である北アイルランド・フード&ドリンク協会(NIFDA)のマイケル・ベル代表に、ブレグジットの影響を聞いた。

第1回から読む)
前回から読む)

 多くの北アイルランドの関係者が指摘しているように、英国のEU離脱(Brexit、ブレグジット)の影響を最も受ける産業は食品関連だ。北アイルランド各地を歩くと広大な農地が広がり、農業が盛んであることが分かる。北アイルランド最大の食品飲料団体である北アイルランド・フード&ドリンク協会(NIFDA)を訪れた。

 NIFDAの事務所は、かつてのベルファストの紛争地帯にあり、すぐそばにはカトリック系住民とプロテスタント系住民の居住地を分けるピースウォールがある。この事務所でマイケル・ベル代表は重ねた書類を用いながら、北アイルランドの食品関連産業とブレグジットの影響を語った。

北アイルランド・フード&ドリンク協会のマイケル・ベル代表

北アイルランドの食品・飲料ビジネスの状況を教えて下さい。

 北アイルランドは食品関連産業が主力産業です。産業全体で10万人の雇用がありますが、その4分の1が食品関連に当たります。我々の協会は100社以上が加盟し、1万2000人を雇用し、パンやチキン、チーズ、野菜など様々な食品を取り扱っています。英本土から英テスコや英セインズベリーなど大きなスーパーマーケットが北アイルランドに進出してきて、我々は多くの経験を積みました。

ブレグジットはどのような影響がありますか。

 まず、お伝えしたいのは、我々の協会は100%ブレグジットに反対していることです。賛成している人は誰一人いません。だから16年の国民投票ではEU残留の支持を求める運動をしました。他の組織では賛成する人がいるかもしれないので難しいかもしれません。しかし私たちには、ブレグジットの便益は1つもありません。

どのような理由からブレグジットに反対していますか。

 我々の農産品の多くが国境をまたいで作られています。ミルクの場合は、北アイルランドの原乳の3分の1を南のアイルランドに運んで、加工処理しています。毎日50台のタンカーによって原乳をアイルランドに運んでいるのです。

 一方で、豚の加工処理場は北アイルランドにあるので、アイルランドの豚は北に運ばれます。北アイルランドでは英国とEUの間で密接な絡み合う関係の上で、食品を作ってきました。英国内でもスコットランドはウイスキー、北アイルランドはチーズ、イングランド中部は野菜、イングランド南部は小麦とそれぞれの地域ごとに特徴があります。