全4974文字

 労務では、細かい法律や手続きを知っておく必要があります。Tさんは、仕事での不安を払拭するため、手当たり次第に参考書を読み、会社が契約する社会保険労務士に疑問をぶつけ続けたそうです。

 さらに、その情報収集は周辺に及びます。人事制度から人材育成まで枠を広げていくことで、「人事関連で一番詳しいやつ」という“称号”を得るに至ったのです。

 ただし、これだけ豊富な専門知識で武装しても、Tさんは望んで今のポジションに就いたわけではありませんでした。
 「保全性」の高い人は、自分から枠の外へ飛び出すのは苦手なのです。

 『宇宙兄弟』の愛読者の方、もしくは前回を読んでくださった方は、ムッタがどうやって宇宙飛行士になるための切符を手に入れたか、覚えていますよね? ヒビトがムッタに内緒で、JAXAの選抜試験に応募したことがきっかけでした。ムッタ自身が道を切り開いたわけではありません(第1回を参照)。

「保全性」が高い人はこう戦おう

 Tさんの場合、上司から常に相談されるほどの専門性を磨き、「自分の部下に欲しい人材」という評判を獲得しました。その結果、上司に引き上げられて、今の地位を築き上げたのです。

 思いつきで動くのが苦手で、しっかり情報を集めたいと考える人、FFS理論的には「保全性」が高い人が、一歩を踏み出し、自信を持って戦うためのコツをまとめます。

 「保全性」の高い人は、やみくもに情報を集めるのではなく、誰にも負けない専門領域を持つことを目指すとよいでしょう。「この領域なら誰にも負けない」と思えるくらいの知識を蓄積し、体系化するのです。その知識の及ぶ範囲でなら、自信を持って戦えるはずです。

 反対に、それ以外の領域で戦おうとは絶対にしないことです。自分の守備範囲を見極めることが大切です。これは、未知の領域にも飛び込んでいける「拡散性」の高い人とは異なる戦い方です。

 不安を感じたら、頭の中を自分の専門領域で使える情報で埋めて、徹底的に理論武装するのがいいでしょう。「ここまで調べつくした」「インデックスも付いているから、すぐに対応できる」「自分が一番詳しい」と“思わざるを得ない”状態まで、自分を追い込むのです。

 そうすれば、余計なことを考える隙がなくなり、不安感を払拭できます。自信にもつながります。ここぞという大事な会議やプレゼンの場で、決定打を打つことができるはずです。

16巻#157「スーパンダマン」

 思い当たる方は、実際に「コロコロ」を机に置くのもいいかもしれません。そして「コロコロムッタになりかかった」と気づいたらゴミ集めをストップ。そのプレッシャーを専門分野での情報収集に向けましょう。

© Chuya Koyama/Kodansha
(構成:前田 はるみ

 日経ビジネスでは、人事・人材活用を考えるうえでヒントになる記事を厳選した特設サイトをオープンしました。定期的に新たな記事を追加していく予定ですので、ぜひご一読ください。

>>特設サイトはこちらから