1巻#2「 俺の金ピカ」
1巻#2「 俺の金ピカ」
[画像のクリックで拡大表示]

「やりたい」思いを秘めている

 最初の一歩が踏み出せない人は、自力で道を切り開こうとするより、自分の代わりに少しだけ扉を開いてくれる人を味方につけて、その人たちの力を借りながら進めばいい。それが、保全性が高い人の採るべき戦い方です。

 例えば、普段から信頼できる上司に自分のやりたいことを伝えておきます。そうすれば、興味のあるプロジェクトに推薦してくれたり、進みたい方向に後押ししてくれたり、夢をかなえるきっかけをつくってくれるかもしれません。

 そして、チャンスが巡ってきたら、迷わず乗っかることです。そこはやるしかありません。

 付け加えると、保全性と拡散性に共通するのが、どちらも「好き/嫌い」「快/不快」「興味あり/興味なし」といった、「情動」が判断軸となる個性だ、ということです。

 「好きだからやりたい」「興味があるからやりたい」と、情動がその人を突き動かすのは、どちらも一緒。そして、「やりたい」と判断してからの行動が異なります。「すぐやる」が拡散性、「着実にやりたい」が保全性です。

 (ただし、日本人に最も多く見られる因子は受容性なので、まず「人を慮る」ことを考えて動いている人がほとんどです。東京オリンピック招致で語られた「おもてなし」こそ、日本人の基軸なのです。詳しくは連載で触れていきます)

 保全性が高い人は、最初の一歩が踏み出せないからといって、「何かを成し遂げたい」という情熱がないわけではないのです。慎重すぎるあまり、すぐに行動に結びつきにくいだけで、「やりたい」思いは秘めています。拡散性が高い人がそこを理解すると、「慎重なだけでやる気がないわけではないのか」と、誤解が解け、チームの結束が固まります。

 例えば、会議を開くとします。「お前、どう思うんだ?」と上司から意見を求められても、保全性が高い人は「正確に発言したい」とか、「皆の意見を聞いて参考にしたい」などと考える傾向があります。慎重になるあまり、なかなか自分の意見を言い出しにくいのです。メンバーがそこを理解していれば、うまく発言を引き出すことも、やる気に本格的に火をつけてあげることもできるでしょう。

 保全性の高い人が心がけるとすれば、まずは、その思いに素直になること。そうすれば、周りの人が応援してくれるようになり、きっとチャンスも巡ってくるはずです。それでも悩んだときは「ムッタのトランペット」と唱えるのもいいかもしれませんね。

1巻#2「 俺の金ピカ」
1巻#2「 俺の金ピカ」
[画像のクリックで拡大表示]

© Chuya Koyama/Kodansha
(構成:前田 はるみ

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「「一歩踏み出せない」あなたをエースにする方法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。