受容性の武器は「皆の合意に基づく」意思決定

 「受容性」の高い人の強みは、「相手の良い面を理解しながら、合意を引き出せる」ことです。

 どういうことかというと、仮にチーム内で対立が起きたなら、時間をかけて一人ひとりと会話をすることで、対立を解消し、皆が同じ方向に向くように働きかける、ということです。相手の話を聞きながら、丁寧な説明を繰り返し、皆から納得を引き出すことができれば、物事は自然と決まります。

 「受容性」の高い人は「誰かの意見を採用し、誰かの意見を切り捨てる」という「厳しさ」を、無理に自分に課す必要はありません。

 「皆の合意を引き出すことに注力することができる」。これが、自分の強みであり、自分の意思決定のスタイルだ、と理解することが大切です。

 そうなると、「受容性」の高い就活生が面接やエントリーシートで自分のリーダーシップを語る際のポイントが見えてきます。

 「二律背反の状況」を明示した上で、「合意形成のプロセス」を重視してエピソードを組み立ててみるといいでしょう。ポイントとなるのは、「時間をかけることを苦にせず、一人ひとりの合意を引き出し、その危機を乗り越えようとした」という点です。

 結果が失敗に終わったとしてもかまいません。合意形成のプロセスを丁寧に回そうとした末の失敗ならば、語れるエピソードになります。さらに、「組織を一つにするために、相手の真意を理解し、こちらの意図を伝えることが必要だと痛感して、コミュニケーション能力を鍛えました」と言えれば、「自分の強みを理解しつつ、自ら伸ばしていける人材」として、面接官に好ましく映ることでしょう。

 これも繰り返しになりますが、面接で見られているのは、その学生が「どんな強み」を持っているか、よりも、「自分の強み」を理解しているか、それを伸ばす努力をしてきたか、なのです(そしてもし、あなたの「強み」を必要としていない会社ならば、入らないほうがいいですよね)。

 「受容性」の強みを活かした意思決定として参考になるのは、『宇宙兄弟』の主人公、南波六太(ムッタ)がチームに提案した「ジャンケンで決める」という決め方です。

[画像のクリックで拡大表示]
5巻#39「グーとチョキとパー」
5巻#39「グーとチョキとパー」
[画像のクリックで拡大表示]

 「受容性」の高いムッタは、決断が苦手です。

 ジャンケンという手法だけ見れば「ダメな意思決定の典型」と言えますが、ムッタがなぜジャンケンを提案したのかを見ていくと、「受容性」の高い人ならではの意思決定の形であることが分かります。

 具体的にムッタがどんな利益相反に悩まされていたのか、については、こちらの回をご覧ください。書籍にも加筆して収録しています。
 →「『決められない』のは立派な個性であり武器である

次ページ 決めるのが苦手なら、決められる人の力を借りよう