(前回はこちら

 「受容性」の高い人は、対立が苦手で、意見の調整、もっとはっきり言えば「論点をぼかして両方の顔を立てる」ことをやりがち、という話を前回はさせていただきました。

 思い当たる方は多いと思います。「受容性」が高い人は、日本人にとても多いからです。

 そんな人が就職活動で自分のリーダーシップを語る際に、間違えてはいけないポイントがあります。

 今回は、「受容性」が高い人がそこを意識しないまま書いたエントリーシート(ES)に対して、面接官がどこをどのように突いてくるのか、実例を使って説明していこうと思います。まだ調整が間に合うようでしたら、ぜひ参考にしてください。

27巻 #255「せりかを想う」
27巻 #255「せりかを想う」
[画像のクリックで拡大表示]

 「受容性」が第一因子の学生のエントリーシートを紹介したいと思い、弊社のクライアントにお願いしてお借りしました。なお、団体の活動や内容は特定できないように少しアレンジしていますが、学生本人の活動内容や所見は、そのまま引用しています。

 ダンスサークルの代表を務めた学生のエントリーシートです。

 サークルとして毎年恒例の地域イベントに参加する予定でしたが、コロナ禍のため、多少の制約条件のもとイベントが実施されることになり、計画を修正して取り組むことになりました。ところが、メンバーにやる気が感じられません。

 そこで私は、その公演に懸ける熱い想いを訴えたうえで、一人ひとりと個別面談を重ねて、「やる気のなさの原因」を突き止めました。
 根本的な原因は、2つあると思いました。①「当事者意識の低さ」と、②「技術への不安」です。それらの問題を解決するため、かつてない2つの施策を実行しました。

 ①に対しては、当事者意識を醸成するために「役割を付与した活動」をしてもらい、②に対しては、「週1回の基礎練習会を実施して、技術の底上げ」をしました。
 その結果、公演では聴衆から高評価を受けることができました。

 成功要因を自分なりに分析すると、「一人ひとりのニーズに寄り添って共通部分を見いだし、課題解決を徹底していく『調整力』」であったと思います。

 これを読んで、就活生の皆さんはどう感じましたか?
 「リーダーとしての役割をきちんと果たしていて、さすがだ」でしょうか。それとも?
 この学生が伝えたいポイントをまとめると、次のようになるでしょう。

  • 熱い想いを語る
  • 一人ひとりと面談する(=寄り添う)
  • 共通部分を見いだす
  • 調整力

 なるほど、どれも「受容性」の高い人が得意とすることです。その点においては、この学生は自己理解、つまり「他の人から見た場合の自分の強み」がしっかり認識できていて、自分らしさを活かしたリーダーシップはこれだ、と意識もしているようです。

次ページ 「賛成でまとまったけれど、盛り上がらない」