「よかれと思ったのに、怒らせてしまった」「なぜあの人はああいう行動をするのだろう」。組織の生産性に、働く個人の特性は大きな影響を与える。特性を理解する手がかりになるのが、小林惠智氏が開発した「Five Factors and Stress (FFS)理論」。人間の特性を5つの因子、「凝縮性」「受容性」「弁別性」「拡散性」「保全性」に整理し、それぞれの因子の多さの順番によって、その人が示す反応・行動を計量するものだ。人気コミックの『宇宙兄弟』(小山宙哉作)を題材に、自分の、チームの、会社の生産性をアップするFFSの考え方を紹介していく。