AIの進化で様変わりする材料開発の現場。日本の化学大手が危機感を抱く。「マテリアルズ・インフォマティクスで出遅れれば、かつて日本が優位にあった電機産業のようになってしまう」。旭化成や三菱ケミカルホールディングスグループなど、日本の化学大手が動く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1580文字 / 全文1592文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題