全2970文字

 政府が10月の消費増税に合わせて始めたキャッシュレス決済のポイント還元事業。都市部を中心にキャッシュレス決済に対応できる店舗が増えているが、そんな「キャッシュレス祭り」に一歩引いている企業がある。イタリア料理チェーンのサイゼリヤだ。国内約1100店舗の8割が現金決済。なぜ、現金決済にこだわるのか。堀埜一成社長が真意を明かした。

堀埜一成(ほりの・いっせい)氏
 1957年富山県生まれ。1981年3月京都大学大学院農学研究科修了。同年4月、味の素入社。グルタミン酸ナトリウムの製造、医薬用アミノ酸の製造・改良などに従事する。2000年4月、サイゼリヤ入社。同年11月、取締役就任。神奈川工場や福島工場を立ち上げる。エンジニアリング部長を経て09年4月社長に就任。(撮影 竹井俊晴、以下同)

キャッシュレス決済の導入が広がる中、サイゼリヤはSC(ショッピングセンター)などに入居する店舗以外では原則現金だけの決済を続けています。なぜでしょうか。

堀埜一成・サイゼリヤ社長(以下、堀埜氏):最終的には乗るんですよ。キャッシュレスはやるんです。でも究極の後出しじゃんけんをするつもり。というのは、確かに手数料率もあるんですが、ハード(端末)の開発速度を見てるんです。1100店もあると、ハード代がばかにならない。「それに何億円使うの?」となるでしょう。

 変更に弱い端末を入れてしまうと、PayPayとか新しい決済手段が入ってきたとき、後付けできないとかとんでもないことになる。この分野って開発速度がすごい速いんです。今後どう変わっていくか分かんないんで、そのハード側に金を使いたくないなというのがある。そういうのを見ながら、いつやろうかと考えています。で、ハードの費用はできれば誰かに出してもらいたい。

すると消費増税に合わせる、とはならなかったわけですね。

堀埜氏:ハードの製造が間に合っていないって言われているでしょう。だからうちが今1000店に入れてって言っても入らないです。待っている個人店もいっぱいいる。そうやってるうちに(ポイント還元期間の)9カ月が終わるんですよ。

では、製造が間に合ったらキャッシュレスを導入していたんですか。

堀埜氏:まあ、そろそろやるかなって気はしてたんですけどね。そこにアマゾン(編集部注:米アマゾン・ドット・コム)がやってきたというね。だからキャッシュレスをまだやってなくてよかった(笑)。

サイゼリヤでは2019年7月からアマゾンと組んでキャンペーンを始めていますね。現金で支払った際のお釣りを、アマゾンギフト券として受け取るという。

堀埜氏:そうそう。

ギフト券は、お釣りに2%上乗せした金額になるんですよね。それで、アマゾンのネット通販や動画配信サービスで使う。

堀埜氏:そうです。

これはアマゾンからの提案だったんですか?

堀埜氏:そう。「アマゾンからこんなの来てますよ」って。(社内では)「やんないでしょ」と言われたけど、「いやアマゾンやからやる」って。くっついてって損はしない。間違いなく世界のアマゾンだし、いろんなことをやってくれるだろうから面白いだろうなと思いました。いろんな情報が入ってくる可能性があるし、彼らは(近未来の)日本像が見えているわけですから。