全3766文字

孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長インタビューの全文公開の4回目。孫会長はAI革命の群戦略の前に、インターネット革命の勃興期にもネット群戦略を構想していたという。ただ、ネットバブルがはじけ資金が足りない中、ブロードバンド事業でNTTに戦いを挑むことに。その時投資する機会を逃した企業は、米アマゾン・ドット・コムや米フェイスブック、米グーグル、米イーベイ、中国の百度(バイドゥ)だったと明かした。今回は過去の後悔と現在の原動力について語った。