人材の採用コストが高止まりする中、優秀な若手社員の退職に悩む企業は多い。日経ビジネス8月26日号「できる若手がなぜ辞めた 本当に効く人材定着の知恵」では、大手企業の「期待の星」だった若手社員が離職を選んだ理由と、彼らを引き留めるために企業が取るべき策を探った。

 転職サイトを運営するエン・ジャパンに転職したばかりのA氏のスマホには、月に1度、「社員や職場の雰囲気は入社前のイメージと比べていかがですか?」などといった質問が数問、送られてくる。A氏はそれに対し「イメージ通り!」「ややイメージと違う」などのスタンプで返事をする。ただそれだけの作業だ。しかし会社によれば、これも立派な人材定着策なのだという――。

エン・ジャパンが開発した離職防止ツール「HR OnBoard」の回答画面

「中途社員の定着は難しい」

 大卒新入社員の3年以内離職率は、この10年間、およそ3割程度で推移している。高いコストをかけて採用した新卒社員を組織に定着させようと、企業は面談や研修など様々な策を講じてきた。「新人を放置していると辞めてしまう」。それが多くの企業の人事担当者の意識だ。

 一方、「同じ若手であっても、転職者の場合は別だ」と考える人事が少なくない。既にある程度の社会人経験を積み、業界への理解もある。「新卒入社の若手と違い、明日からでも『即戦力』として活躍してくれるはず」。しかしそんな思惑に、エン・ジャパン入社後活躍研究所の越田良氏は警鐘を鳴らす。「中途社員は即戦力ではない。中途社員の定着は難しいという意識を上司が持たなければならない」。

続きを読む 2/3 1年以内の離職理由に3つの共通点

この記事はシリーズ「日経ビジネス最新号特集から」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。