家庭用エアコンやドラム式洗濯機など、国内ではトップシェアを誇る製品をいくつも持つパナソニックの家電事業。大手家電メーカーの代表格として、世界でも存在感を示してきたが、ここ10年ほどは、中国や韓国メーカーの台頭によって勢力図は変わり、苦戦を強いられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2240文字 / 全文2260文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経ビジネス最新号特集から」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。