「内視鏡AI」で世界を狙う日本のスタートアップ、AIメディカルサービス(東京・豊島)。AIの世界競争で出遅れているとされる日本で、なぜ、内視鏡AIで世界市場に挑めるのか。そこには、‟ニッチ”な日本発の技術だったからこその優位性があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2668文字 / 全文2694文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題