日本の大企業がオープンイノベーションで成果を上げた例は思いつかない──。ノーベル賞受賞者の本庶佑氏が警鐘を鳴らす。共同研究の対価の配分を巡って小野薬品工業と対立しているが、この対立自体、技術を搾取しようとする大企業の姿勢を物語る。これではWin-Winの関係など構築できず、オープンイノベーションは進まない。だが、世界は待ってくれない。技術革新のスピードは速まるばかりだ。どう成功に導くか。そろそろ考えよう。失敗させないオープンイノベーションを。